ユナイト、カメレオ、DIVが12月22日に川崎CLUB CITTA'でライヴイベント<DANGER fes 2014 -Christmas Party–>を開催する。同イベントはDANGER CRUE所属若手3バンドによるものだ。世代も近い仲間である一方でライバル関係にもあるため、まことしやかに囁かれていたのが不仲説。それゆえ当初は<Christmas Battle>なる激突必至のタイトルが冠されていた。しかし、バンド間による数度の打合せやニコ生番組出演を経て急接近した14人のメンバーは、“バトル”ではなく“パーティー”として、このイベントを特別なものにするために結束を強めたという。

◆<DANGER fes 2014 -Christmas Party–>リーダー対談画像

BARKSは11月某日、3バンドのボーカリスト対談に続いて、リーダー対談を行なった。バンドの牽引方法は三者三様。分析力や先を読む能力にはそれぞれさすがのものがある。リーダーの個性がそのままバンドのキャラクターに反映されていることが丸わかりの、笑いあり涙あり(?)の対談となった。

   ◆   ◆   ◆

■迷った時とかは相談するようになりましたよ
■「未緒ちゃんこれ、どう思う?」ってね──Kouichi(カメレオ)

──先に行なったボーカル対談では、事前に“バンド間の不仲説”も流れていたので、どんな雰囲気になるのかと思ったら終始ほんわかとしたムードで(笑)。今回はバンドのリーダー同士、シリアスな部分も含めて腹の内を聞かせてもらえればと思ってます。まず、この3バンドでのフェスが決まったときは率直にどう思いましたか?

椎名未緒:俺は、まあいいかって感じでしたね。もっと前の段階でこういう話が持ち上がっていたら、「うちはNGで」とマネージャーに言ってなんとか企画をつぶしてもらうことを画策しただろうなあと(笑)。

Kouichi:ははは。

──それはまたなんでですか?

椎名未緒:結成して間もなかった頃だし、それぞれが頑張ろうよっていう時期だったと思うので。そこで慣れ合いになるのがイヤだなと。俺、話すと好きになっちゃうんですよ(笑)。

Kouichi:ははは。

椎名未緒:ずっと、この人(Kouichi)のことも大っ嫌い、負けないぞっていう気持ちで頑張ってたんですよ。

Kouichi:ええと、未緒ちゃん酔っぱらってる(笑)?

ちょび:はははは。

椎名未緒:酔ってない(笑)。まだユナイト自身も新人のくせに和気あいあいみたいな雰囲気にはなりたくないなって。それはDIVとも同じで。3バンドが違うベクトルのバンドだからそれぞれ頑張ろうよっていうのをトゲのある言い方にすると「嫌いだった」になるというかね。

Kouichi:うん、素直な物言いですごくいいと思うよ。

椎名未緒:ただ、2年、3年活動してきてある程度の結果が出て、大きい壁があるなっていうのをそれぞれが感じたタイミングなんじゃないのかなっていうのも、傍目で感じていたので。今ならいいんじゃないかっていうか。それぞれ頑張ってきた2年3年があって、わかりあえる部分は両バンドにあるし。「今ならいいですよ」って言ったんですよね。実はこの少し前に「3バンドで何かやりません?」って会社に提案していたんですよ、僕から。そしたらカメちゃん(Kouichi)に断られた(笑)。

Kouichi:それはね、スケジュールの都合ですよ(笑)。

椎名未緒:ああ、カメちゃんもそういう感じなんだあって思って(笑)。

Kouichi:いや、ほんとにスケジュールが空いてなかっただけだよ。

──実際にやると決まった時にKouichiさん、ちょびさんの気持ちとしては?

Kouichi:僕は、事務所の方からこの企画の説明をされた瞬間、これを拒む権利はバンド側には無いなと感じました(笑)。単純に面白いなとは思いましたけどね。

ちょび:僕は前からずっとやりたいなと思っていたんですよ。楽しそうだなっていうのと、事務所でもなかなか会うこともなかった3バンドだし、今まで対バンでもあまり一緒にならなかったんですよね。ユナイトさんとカメレオさんは僕らとは方向性が全然違うので、重ね合わせたらどんなライヴができるんだろうとは思っていたので。マネージメントにもずっと、「一緒にやってみたらどうなんですかね」っていう話はしていたんです。実現できて嬉しいですね。

椎名未緒:いいコメントだね(笑)。

▲椎名未緒(ユナイト)

──未緒さんは「話をすると好きになっちゃう」と言っていましたが、そういうのもあってなんとなく距離を置いていたんですか?

Kouichi:この人はほんとに、“俺んとこに入ってくんなよ、この野郎”っていうバリアがバッシバシ全身から出てるので。うわ~っていうくらい(笑)。

椎名未緒:それは、もう積極的に出してた(笑)。こないでくださいって、立て札たてて。

──誰に対してもなんですか?

椎名未緒:基本的にはそうですね。僕、ユナイトが3つ目のバンドで。過去に仲のいいバンド仲間もたくさんいたんですけど、やっぱり、ひとつが売れたらひとつは売れないっていう世界じゃないですか。長くこの業界にいるがゆえに、仲間であっても敵という認識のほうが僕は頑張れるという感じになってきちゃって。でも話すと、いいやつじゃんってなってきちゃうので(笑)。

Kouichi:ちょっと前に未緒ちゃんと初めてふたりだけで飲みに行く機会があったんですよ。その時、焼き肉屋に行ったんですけど、カルビがくる前くらいに俺のこと好きになってましたから(笑)。

椎名未緒:ちょっと人間ぽいところを知っちゃうとむげにできないというか。

──お互いにバンドの状況を相談をしたりもするんですか?

椎名未緒:俺は積極的にはしないですね。ただ、彼は泣きながらしてきました(笑)。

Kouichi:なんで泣きながらなんだよ(笑)。でも、仲良くなった以降ちょっと迷った時とかは、相談するようになりましたよ。「未緒ちゃんこれ、どう思う?」ってね……すいませんね、ちょびさん、今こっちだけで盛り上がってるけど。

ちょび:いえいえ。

椎名未緒:今度飲みに行こうね!

Kouichi:未緒ちゃんはカメレオチームとしてではなく、事務所の立ち場でもなく、外からの視点で深く分析して答えを出してくれるんです。この間も、迷っていたことに答えを出さなければいけなかったりとかして……泣きながら電話相談しました(笑)。

◆インタビュー(2)へ