アップフロントグループが2013年3月より取り組みを始めて今回で4回目となるSATOYAMA SATOUMI movementのイベント<Forest For Rest ~里山・里海へ行こう~ with勇気の翼2014 収穫祭>が、11月22日から24日まで、ららぽーとTOKYO-BAYにて開催されている。2日目となった11月23日には、ももちこと嗣永桃子がプレイングマネージャーを務めるハロー!プロジェクトの新生ユニット「カントリー・ガールズ」が、スーパーバイザーの里田まいとともに初お披露目となった。

◆『SATOYAMA&SATOUMI movement withゆうきのつばさ2014~私の街、あなたの街~』公開収録 画像

11月23日に『SATOYAMA&SATOUMI movement withゆうきのつばさ2014~私の街、あなたの街~』と題して、ニッポン放送の公開生放送特別番組と連動したコーナーに登場したカントリー・ガールズ。さらに、カントリー・ガールズのスーパーバイザーとしてニューヨークから帰国中の里田まいもステージに登場。初めてのメンバーお披露目と、久々の里田に会場からは大きな拍手と歓声が上がった。

里田が第一声「お米が大好き30歳、お久しぶりです里田まいです!」と自己紹介をすると、その若々しいルックスに相反した実年齢に会場からは驚きのどよめきが。グループのこれからの活動についてはまだ決まっていないようだが、里田は「ニューヨークからカントリーな情報をどんどんお届けできればと思っています。これから楽しみです。本当に可愛い子たちなので。」とコメンすると、「なんだか照れるね、そんなに可愛いって言われると。」と即座に嗣永桃子が返すシーンも。キャラの強いももちの返しに、里田からは「ももちがいることで(グループのカラーが)強くなってるんです。」と苦笑いするも、ももちは「いいスパイスです!」と自分の存在をさらにアピールした。

中学1年生でメンバー最年少、新人の小関舞は、「初めてももちを見た時どう思った?」と司会のさわやか五郎から聞かれると、すかさずももち、「(どう回答すべきか)わかってるよね?!」と、プレッシャーをかけていく。そして小関は「とっっっても可愛いと思いました。」と、ちゃんといろんなものを理解した答えをスムーズに返し、会場を沸かせていた。