今週の英シングル・チャートは、ブルーノ・マーズをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Uptown Funk」が3週連続で1位をキープした。非連続で4週目のNo.1となる。同曲は年末から年始にかけての1週間で256万回近くがストリーミングされ、UKチャート史上週単位での最多記録を樹立。この7日間でも、その記録には達しなかったが、243万回がストリーミングされている。

◆マーク・ロンソン画像

2、3位も先週と変わらず、フィリップ・ジョージの「Wish You Were Mine」(2位)、エド・シーランの「Thinking Out Loud」(3位)がキープ。動きが小さかった今週新たにトップ10入りしたのは、フランスのDJ/プロデューサーTCHAMIの「Promesses」(7位)のみだった。

アルバム・チャートは、サム・スミスの『In The Lonely Hour』が先週の3位から再浮上し1位を獲得。2014年5月にリリースされて以来5度目のNo.1となる。2位はエド・シーランの『X』がキープし、先週トップに返り咲いたジョージ・エズラの『Wanted On Voyage』は3位に後退した。2014年UKで最も売れたアルバム3枚がいまだ好調なセールスを上げている。

休み明けでまだ新作のリリースが少なく、新たにチャート・インしたアルバムはなかった。

Ako Suzuki