2015年に作詩家・作家生活50周年を迎えるなかにし礼が、その記念アルバム『なかにし礼と 12 人の女優たち』を1月21日(水)にリリースする。4,000曲を超える自身の作品の中から、大ヒット曲や隠れた名曲の数々を縁のある12人の女優が歌唱するという、画期的なアルバムだ。

◆『なかにし礼と 12 人の女優たち』レコーディング風景

菅原洋一が歌った「知りたくないの」の1964年のヒットから50年、その後も作詩家として4000曲以上の作品を世に送り続け、直木賞作家としても知られているなかにし礼(77)。現在では、舞台作品の台本・演出も手がけ、演劇・舞踏・オペラを融合した「世界劇」で高い評価を受けている。ちなみに、なかにしは昭和の名曲はもちろん、TOKIOやNEWSの楽曲の作詞も手がけている。

そんななかにしの50年間の活動の中で培われた幅広い人脈の中から、この企画に参加した女優12名は、浅丘ルリ子、泉ピン子、大竹しのぶ、草笛光子、黒柳徹子、佐久間良子、平 淑恵、高島礼子、常盤貴子、南野陽子、水谷八重子、桃井かおり(50音順)。それぞれ、個性のある女優ばかりで、本作のレコーディングは10月中旬よりスタートし、12人全員が終了したのは12月上旬。それぞれ、ドラマや映画、舞台といった忙しいスケジュールの合間を縫って行なわれたということだ。なお、常盤貴子、黒柳徹子、平 淑恵、佐久間良子、高島礼子は今回が初めてのレコーディングとなった。

  ◆  ◆  ◆

なかにしはこの作品に寄せて、次のようにコメントしている。

「一時は、作詩は己の天職ではないかとまで思ったことがあったが、心の奥底には小説を書きたい気分が絶え間なくあった。それはシャンソンの訳詩を始める前からすでにしてあった。私の人生はシャンソンの訳詩と歌謡曲の作詩に出会ったことで成立したものであることは十分承知しているが、私の潜在意識の中には作家になりたいという希望もまた絶ちがたいものとしてあった。もう残りの人生もわずかである。急がねば、そんな思いで挑戦したのが初めての小説『兄弟』である。そして二作目の『長崎ぶらぶら節』が第一二二回直木賞を受賞した。それが二○○○年である。小説がベストセラーになり、ドラマ化され映画化され舞台化され、私の交友関係はいっきょに広まった。そういうことの次第で『なかにし礼と12人の女優たち』というCDが企画された。このCDは私の作詩家・作家生活五十周年記念と銘打って発売される」── なかにし礼

  ◆  ◆  ◆

『なかにし礼と12人の女優たち』

2015年1月21日(水)発売
COCP-38957 ¥3,240(税込)
1.常盤貴子 / 恋のフーガ(ザ・ピーナッツ)
2.水谷八重子 / 時には娼婦のように(黒沢年男)
3.南野陽子 / 知りたくないの(菅原洋一)
4.平 淑恵 / 別れの朝(ペドロ&カプリシャス)
5.浅丘ルリ子 / 愛のさざなみ(島倉千代子)
6.桃井かおり / グッド・バイ・マイ・ラブ(アン・ルイス)
7.泉ピン子 / 石狩挽歌(北原ミレイ)
8.佐久間良子 / リリー・マルレーン(戸川昌子)
9.高島礼子 / 恋の奴隷(奥村チヨ)
10.草笛光子 / 行かないで(戸川昌子)
11.大竹しのぶ / 人形の家(弘田三枝子)
12.黒柳徹子 / 世界の子供たち(芦野宏)
※( )内はオリジナル歌唱歌手

関連リンク

◆特設サイト