ノンストップ・ミックスCD『POP LOVE DANCE 2015 BEST MIXED PARTY』が2月11日にリリースされる。ミックスを手掛けたのは、20代にしてニューヨークのセレブリティが殺到する注目の日本人DJ、DJ MARTINだ。

◆DJ MARTIN画像

本作は、鉄板のクラブ・アンセムから今後注目される最新ヒット曲まで、ポップでオシャレなダンス・ミュージックが全19曲77分にわたるノンストップ・ミックス仕様となっており、2015年のダンス・ミュージック・シーンを占う最適の内容に仕上がっている。

2014年のダンスフロアを席巻したカルヴィン・ハリスの「サマー」や、ピットブル feat. KE$HAの「ティンバー」といったキラーチューンや、マジック!の「ルード Zedd Remix」からワン・ダイレクション「ベスト・ソング・エヴァー」まで人気の高いリミックス曲もたっぷりと収録し、ポップに弾けるダンス・ミュージックが満載だ。

本作が初のオフィシャル・ミックス作品となるDJ MARTINは、ニューヨークの名だたるクラブでプレイし、レオナルド・ディカプリオ、マイケル・ジョーダン、ジャスティン・ティンバーレイクといったセレブリティからプライベート・パーティーでのDJのオファーを受ける若きDJの筆頭格だ。本作でもニューヨーク仕込みの“オープン・フォーマット”なスタイルで洗練されたミックスを披露している。

なお、DJ MARTINは2月から3月にかけて日本各地の人気クラブで本作のリリース・パーティーの開催が決定しているほか、現在ウータン・クランが運営するラジオ局「Wu World Radio」で番組を担当するなど、今後も日米を股にかけたさらなる活躍が期待できそうだ。

DJ MARTIN
1985年8月17日生まれ。様々なジャンルの音楽に精通し、ひと晩1人でDJできるほどの集中力と経験に裏打ちされたニューヨーク仕込みの洗練されたDJプレイは、人種を問わず幅広い年齢層から高く評価されている。2002年からDJとして活動を始め、2008年からニューヨークに活動の拠点を移す。キャリアを重ね現在では「1 Oak」や「The Darby」など多くの有名クラブでプレイし、レオナルド・ディカプリオやマイケル・ジョーダン、ジャスティン・ティンバーレイクといったセレブリティたちからプライベートなパーティーでのDJの依頼を受けるほどの人気と実力の持ち主。またウータン・クランが運営するインターネット・ラジオ「Wu World Radio」(http://wutangclan.com/wu-radio/)でも番組を持つ。2014年から、日本でも本格的に活動を再開し、日米を股にかけて活躍する今後もっとも期待される若手DJの筆頭。(2015年1月現在)

ミックスCD『POP LOVE DANCE 2015 BEST MIXED PARTY』


2015年2月11日(水)発売
SICP-4380 2,200円(税抜)
1.ティンバー(ピットブル feat. KE$HA)
2.ルード(マジック!)
3.ベスト・ソング・エヴァー[Kat Krazy Remix](ワン・ダイレクション)
4.オール・オブ・ミー[Tiësto's Birthday Treatment Remix Radio Edit](ジョン・レジェンド)
5.グッド・キッサー[Disclosure Remix](アッシャー)
6.シャンデリア[Cutmore Club Remix](シーア)
7.クライング・フォー・ノー・リーズン[Tom Shorterz Remix](ケイティ・B)
8.マイ・フレンド・ハズ・ア・スイミング・プール[Nathan C Remix](マウシー)
9.アイ・ウィル・ネヴァー・レット・ユー・ダウン[Steve Smart and WestFunk Club Mix](リタ・オラ)
10.リヴ・フォー・ザ・ナイト(クルーウェラ)
11.アドア・ユー[Remix Radio Edit](マイリー・サイラス vs. セドリック・ジェルヴェ)
12.サマー(カルヴィン・ハリス)
13.ボディー・パーティー[Ralvero Remix](シアラ)
14.ワーク・ビッチ(ブリトニー・スピアーズ)
15.ターン・ダウン・フォー・ホワット(DJスネーク&リル・ジョン)
16.ゲット・ロウ(ディロン・フランシス & DJスネーク)
17.ショウ・ミー(キッド・インク feat. クリス・ブラウン)
18.アドーン(ミゲル)
19.プリテンド(ティナーシェ feat. エイサップ・ロッキー)

◆『POP LOVE DANCE 2015 BEST MIXED PARTY』レーベルサイト
◆DJ MARTIN オフィシャルサイト