エンターテインメントフリーペーパー『FLYING POSTMAN PRESS』の2015年第一弾表紙にAcid Black Cherryが登場する。ABCは、1年半ぶり2度目の登場で、表紙の写真は映画のワンシーンのような、ストーリー性のある美しい仕上がりになった。

前回表紙の2013年8月号は配布当日になくなる店舗が続出。Twitterでは「どこにいってももうFPPの在庫がない!」というツイートが出回り、FLYING POSTMAN PRESS編集部スタッフによると、「『今号に限り、お一人様1部とさせてください』というつぶやきは公式で発信させていただきました。これは、今まで初めてで、それ以降もないです。」という事態に。

また、所属レコード会社曰く、タワーレコードやTSUTAYAなどのCDショップ、ファッションビルの設置店舗からは、「普段それほど問い合わせはないのですが、ABC号は「いつ届きますか?」「まだありますか?」という問い合わせをたくさんいただきました。」「ABC号は今までで一番はけがよく、初めて編集部に追加部数の依頼をしました。」「当店にFPPが設置されてから一番はけがよかったです。」「ロックバンドや俳優・女優さんが表紙のイメージが強いので、ABCはどうなんだろうと思っていましたが、今までにない反響でびっくりしました。」というコメントが続出したという。

今回のAcid Black Cherryの表紙起用について、前出の編集スタッフは、「初めてライブを観た時のエンターテインメント性の高さ、歌声、プレイを含めたステージの完成度の高さに本当に驚きました。そしてもちろん作品の完成度の高さも! サービス精神旺盛なyasuさん。関西弁に隠された、物事も見抜く言葉も大きな魅力。通常ロックバンドの表紙が多い弊誌ですが、“所謂ビジュアル系”への苦手意識がある方へ、フリーペーパーなので手に取って頂き、少しでも興味を持ってもらえたらと思っています。食わず嫌いはソンしますよ!」とのこと。今回も在庫が希少になることが予想される。

関連リンク

◆BARKS V-ROCK