サム・スミスのデビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』は、iTunesアルバム・ランキングにおいて52の国と地域で1位を獲得し、世界売上枚数も600万枚を突破する勢いだ。

◆サム・スミス画像

第57回グラミー賞においても6部門という最多ノミネートを受けている彼だが、世界各国の著名人からサム・スミスへの絶賛コメントが続々と寄せられている。日本国内においても同様だ。


「何故だろう…彼の歌を聴いていると自然と幸せな気分になってくる。これも彼の才能なのか?訓練で得た才能より、持って生まれた才能には誰もかなわないのだ。」──高見沢俊彦(THE ALFEE)


「ラジオから流れてきた歌声に思わず心を奪われました。サム・スミスの歌声は音楽の真実に満ちています。」──亀田誠治

「初めて(曲を)聞いたときに魂をゆさぶるような気持ちになった。これからますます楽しみなヴォーカリストだと思った。」──
Chage

「曲を聞いてすごく感動しました。羨ましいぐらいの歌声の持ち主。」──クリス・ハート

「大好きな曲です。自分が日本語でカヴァー出来て嬉しかった。日本代表するアーティストのみなさんとリレー出来てすごく嬉しいです。」──Ms.OOJA


「あなたはとても特別よ。あなたは既に天使のような声を持っているからアドバイスなんて必要ないわ。ありのままでパーフェクトよ。」──レディー・ガガ(本人のツイートより)

「彼は男性版アデルだわ。」──ケイティ・ペリー(本人ツイートより)

「彼の才能、ソウルと忠実さに完全に吹き飛ばされたわ。サム・スミスと一緒に音楽ができてとても光栄だわ。ルーサー・ヴァンドロス、フレディ・ジャクソンや80年代の素晴らしいソウル・シンガー以来に聴く本物のソウルフル・ヴォイスだわ。」──メアリー・J.ブライジ】

「この曲(「マネー・オン・マイ・マインド」)とこのアーティストは、私の今の大のお気に入りなの。とにかく、大好きなの。そして、ここにいるみんなも、彼が今日ここに来ていることを知ったら私と同じくらいエキサイトすると思うわ。今日みんなの前に登場してくれるのは、サム・スミスよ!」──テイラー・スウィフト(テイラーのライヴにサムが出演/ライヴのMCにて)

サム本人は自分が支持されている状況をこのように語っている。

「ありがたいけどなんでこんなに売れているのか、自分では分からないんだけど、きっと、僕の曲って全曲、僕の実体験に基づいたラブ・ソングであって、それは誰しもが経験したことがあったり、共感しやすい内容だからじゃないかな。親近感があり、誰が聞いても自分と関連付けることができる歌詞だからかな、とは思うよ」──サム・スミス

スタッフは「サムは次々と偉業と言われる素晴らしい功績を残しているにも関わらず、そのとても謙虚でフレンドリーな性格は、皆に好かれ、皆を幸せにする」と語っている。日本でも12月から1月度にかけ全国ラジオパワープレイ33局と圧倒的な支持を受け、1/12~18で全国総合ラジオオンエアチャート1位と日本国内でもますます伝播している状況だ。

デビュー・アルバム『イン・ザ・ロンリー・アワー』
2015年1月21日発売

<Sam Smith Premium Showcase~ In The Lonely Hour: Special Live in Tokyo~>
2015年2月18日(水)
@東京キネマ倶楽部