ローランドは、省スペースでの設置が可能な小型のボリューム・ペダル「FV-30シリーズ」2機種をBOSSブランドより2月7日から発売する。

「FV-30シリーズ」は、従来のボリューム・ペダルとの比較で、およそ1/2という省スペース(BOSS「FV-500シリーズ」との設置面積比)を実現しながら、アルミダイキャスト製のボディを採用することで、適度な質量と安定感を実現したモデル。ギタリストが使用する「エフェクト・ボード」には、好みのギター音色を作るために必要な多くのエフェクターが並べられるが、中でもボリューム・ペダルの占める面積は大きく、以前より省スペース化が望まれていた。そうした要望に応えるのが今回の新機種だ。

専用設計されたペダル機構とプレイヤーの感性にフィットするボリューム制御により、接続する楽器の音量を足元で滑らかにコントロールが可能。ラインナップは、エレクトリック・ギターを直接接続するハイインピーダンス用の「FV-30H」と、エフェクターの後や電子楽器の接続に最適なステレオ仕様の「FV-30L」の2種類を用意する。「FV-30H」はペダルで音をミュートした状態でもチューニングできるチューナー・アウトを装備する。

いずれも外形寸法は80(W)×192(D)×58(H)mm、重さは840g。

製品情報

◆FV-30H
価格:オープン
◆FV-30L
価格:オープン
発売日:2015年2月7日