▲左よりバス・ドラム用「RT-30K」、スネア・ドラム用「RT-30HR」、タム用「RT-30H」。

ローランドは、アコースティック・ドラムの演奏をより魅力的にするためのドラム・トリガー「RT-30シリーズ」を2015年3月から発売する。今回の新モデルではドラム演奏の妨げにならない薄型デザインを採用し、より多くのタイプのアコースティック・ドラムへ確実な取り付けを可能にしている。

「RT-30シリーズ」は、アコースティック・ドラムの打面から演奏情報を抽出し、電子ドラムの音を付加するための「ドラム・トリガー」。最近の音楽シーンでは、アコースティック・ドラムにはないドラムサウンドが求められる傾向にあり、電子ドラムを組み合わせたドラム・セット(「ハイブリッド・ドラム」)を使用するドラマーが徐々に増えている。その要望に応えるのがこの「RT-30シリーズ」だ。

今回より多くのドラマーに「ハイブリッド・ドラム」を楽しんでもらうため、定評あるRTシリーズの高精度なトリガー性能はそのままに、演奏の妨げにならない薄型のデザインを採用。さらに、取り付け機構の見直しにより、従来に比べ多くの種類のアコースティック・ドラムへ取り付けることが可能になった。


▲RTシリーズ取り付けイメージ。

用途に合わせてバス・ドラム用「RT-30K」、スネア・ドラム用「RT-30HR」、タム用「RT-30H」の3タイプを用意する。いずれもファイバーグラス補強された頑強なABS樹脂仕様で、センサー位置を調整する必要が無く簡単に取り付け可能。持ち運びに便利な専用ケースが付属する。なお、「ハイブリッド・ドラム」には別途「TDシリーズ」などの電子ドラム音源が必要。3タイプともトリガー・モジュールTM-2やV-Drumsシリーズの音源モジュール、サンプリング・パッドSPDシリーズに対応する。

製品情報

◆Kick Trigger RT-30K(バス・ドラム用)
価格:オープン
◆Dual Trigger RT-30HR(スネア・ドラム用)
価格:オープン
◆Single Trigger RT-30H(タム用)
価格:オープン
発売日:2015年3月