吉永小百合が、9年ぶりとなる朗読CD『第二楽章 福島への思い』を3月11日に発売することが明らかになった。

戦争、原爆の過ちを二度と起こさないための朗読活動を1986年からライフワークとして行なっている吉永。ビクターからは1997年6月21日に『第二楽章』(広島編)、1999年7月23日『第二楽章 長崎から』、2006年6月21日『第二楽章 沖縄から』と3作品の朗読CDを発売している。

2011年3月11日、東北地方を襲った東日本大震災。そして福島の原発事故は甚大な被害を生み、やがて4年目を迎えるという今日でも、多くの人たちが故郷を追われ、仮設住宅での避難生活を余儀なくされている。福島では、放射能が心配で思うように子どもの外遊びもできず、放射線量の高い場所もいまだに存在する。

この日以降、吉永小百合は朗読活動の内容に、これまでの広島・長崎の原爆詩に加えて、福島で被災された詩人・和合亮一、佐藤紫華子らが発表した詩を加えた。被災された人々の思いに寄り添い、また自らの思いを重ねて、自分なりの方法で多くの人々に発信し、少しでも力になることができれば、と考えている。

これら福島の詩人たちの詩を朗読し収録したCDを『第二楽章 福島への思い』として、2015年3月11日にビクターから発売する。なお、本人の印税はすべて東日本大震災での被災者に役立つよう寄付される。

また、3月10日には津田ホールにて「第二楽章 福島への思い」の朗読会を行なう。

「第二楽章 福島への思い」

朗読:吉永小百合
音楽:藤原道山
挿絵:男鹿和雄
演奏:藤原道山(尺八、笙、明珍火箸ほか)、遠藤千晶(箏)、村澤丈児(三弦・十七弦)
発売日:2015年3月11日発売 VICL-64292
価格:税抜2,800円 税込3,024円 
発売元:株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント