doaが1月28日、9枚目となるオリジナルアルバム『FLY HIGH』をリリースする。“今からだって高く飛べるんだ!”という強くポジティブなメッセージを詰め込んだアルバムは、現代の大人たちが抱える日常の葛藤を木っ端微塵に吹き飛ばす爽やかな潤いに溢れている。もちろん豊かなコーラスワークと楽曲ごとにメインボーカルが変わる3ピースならではの多彩な歌声は今作も健在だ。

◆『FLY HIGH』全曲紹介 動画

デビュー曲「火の鳥のように」のアンサーソング的な側面を持つ表題曲「FLY HIGH」をはじめ、『噂の!東京マガジン』エンディングテーマの「Goodbye Girl」、先行配信シングル「SMILE」など、収録された全12曲がウエストコーストサウンドに乗せた同世代への応援ソング。デビュー11周年目を迎え、高く高く飛び続けるdoaの徳永暁人に2014年のデビュー10周年イヤーやアルバムコンセプト、あまりにもこだわりが深いdoaレコーディングの裏側を訊いた。

   ◆   ◆   ◆

■大人になってから夢を作ってもいいんじゃないかなと思っているんです
■だからdoaの曲は自分が50歳になっても60歳になっても歌える

──インタビュー取材は2014年1月リリースのアルバム『WANTED』以来となりますが、doaはその後にデビュー10周年を迎えましたね。

徳永:正直10周年とかは全く気にしていなかったんです。人に10周年と言われて、ああ、そうかと。とにかく目の前の作品を良くしよう、目の前のライブを良くしようというふうに、毎回一生懸命に取り組んできたら10年経っていたという感じなんですよ。だから、10周年を目標にして来たわけでも何でもない。ただ、周りのみんなが「せっかく10周年を迎えたんだから何かやりましょう」と言ってくれた時に、「そういえばベストアルバムって出したことがないね」という話になって。結果、2014年6月に初のベスト・アルバムを出させていただいたという。

──BARKSでは、その際にレビューを掲載させていただきました。数々の代表曲に加えて、ミュージックビデオも収録されたボリューム満点の作品でしたね。

徳永:そうですよね。今まで映像作品も出したことがなかったので、ミュージックビデオを製品化したんです。最初はベストとかはどうなんだろう?という気持ちもあったんですよ。でも、形になったらすごく嬉しかった。

──キャリアの長いバンドに初めて触れたリスナーにとって、ベストアルバムは本当にありがたいです。

徳永:分かります、それ。考えてみたら僕自身がビートルズもイーグルスもベストから入っていますから。ビリー・ジョエルもそうだった。たしかに作品が多いアーティストは、どこから入れば良いか分からないですよね。

──そうなんです。なので、ずっとdoaを応援されているファンの方はもちろん、最近になってdoaを知った方も嬉しいと思います。

徳永:喜んでもらえたら本当に嬉しいです。10年もdoaを続けてこれたのはCDを聴いてくださったり、ライブに来てくださる方がいるからこそ。僕らは常にそういう人達のことを思いながら活動しているんですよ、どういう音源を作って、どういうライブをすればみなさんに喜んでもらえるかなと。そういう意味では、doaの10年は僕らとファンのみなさんが一緒に作ってきた10年なので、ファンの方には本当に感謝しています。

──doaがリスナーのことを思っていることは作品を聴くたびに感じます。自分達はこんなにすごいことが出来ますよっていう姿勢ではなくて、聴きやすさと上質さを併せ持った音楽を提示し続けていますから。

徳永:ありがとうございます。僕ら3人は本当に聴いてくださる方ありき。doaの音楽が人生にためらっている人の背中を押すきっかけになるといいなという想いがあって。たとえばリスナーの方が出勤する時にdoaを聴いて、“よし!今日もがんばろう”という気持ちになってもらえるといいなとか、そういうところに重きを置いているんです。だから、アルバム制作とかで曲順を決める時も、“頭から聴いていると、この辺で会社に着いちゃうんじゃないか”みたいなことを話し合うんですよ(笑)。他にも、ミックスする時にみなさんが聴くような音響機器を想定して小さいスピーカーで聴いたり、イヤフォンで聴いたりして音の調整をしたりとか。いつも、そういう風に作品を作っています。

──リスナー重視ということは、歌詞を読んでも分かります。浮世離れしたところで、“がんばれ!”とか“思い切って飛べ!”みたいなことは言っていなくて。リスナーがいろいろなものを背負っていることを理解したうえで、背中を押す現実的な歌詞になっていますから。

徳永:歳を取ってくるとポジティブといっても一筋縄ではないかなくて。人生を歩んでいく中で、“夢に向かっていこうぜ!”というだけではどうにもならないことを山ほど経験しますよね。そういう中で、それでもポジティブに生きるためには、笑ったり、仲間とパーティーしたり、といった日常の生活の中にある潤いが大事になってくる。つまり、“大人のポジティブ”ですよね。僕らは、そういうことを歌うようにしています。

──それが功を奏してdoaの音楽は大人が聴けるロックになっています。ニューアルバム『FLY HIGH』も、大人の目線に立ったうえで、“いつでも高く飛べるよ”というメッセージを送っていますね。

徳永:テーマはアルバムの制作に入る前からありました。冒頭に話したように、10周年という節目にベスト盤を出して、次の作品をどうしようという話になった時に、僕は今でもみんなに飛び上がってほしいよねと言ったんです。聴いてくれた人が、自分の人生は今からでもどこにでも行けるんだとか、今からでもどうにでもなれるんだという気持ちで先のことを考えていけるようなアルバムにしたいと。そういう想いから、タイトルの“FLY HIGH”という言葉も浮かんできた。

──なるほど。

徳永:ただ、そうは言ってもね、若い頃みたいにビョーン!と高くジャンプすることはできなくて。たとえば僕は学生時代に高跳びをしていて、垂直跳びで96センチ跳べたんです。でも、今は30センチも飛べないと思う(笑)。『FLY HIGH』のジャケットを見ていただけば分かるように、今回は3人でジャンプしているけど、僕が一番飛べていない(笑)。けど、5センチでも、10センチでも飛び上がってみようと。そういうテーマのもとにアルバムを作りたいなと思って制作に入りました。

──たしかに、大人になると背負うものがあって、若い頃のようにすべてを捨てて飛ぶことはできません。でも、doaの音楽を聴くと、人生なにが起こるか分からないと感じて気持ちが明るくなります。

徳永:それはすごく嬉しいです。夢を持っているとワクワクした気持ちで過ごせますよね。“夢を諦めないで”という言葉はよく聞くけど、僕は大人になってから夢を作ってもいいんじゃないかなと思っているんです。だからdoaの曲は自分が50歳になっても、60歳になっても歌える。19歳とか20歳くらいで、自分はもういい歳だからみたいなことを言う人もいるじゃないですか。いやいや、まだ若いからなんでもできるでしょ。20歳を超えて夢を持っているのは子供っぽいとか思ってほしくないですね。そういう人達にも響くんじゃないかな。

◆インタビュー(2)へ