全国各地で行なわれたVAMPSの籠城型ライヴハウスツアー<VAMPS LIVE 2014-2015>が1月25日にZEPP TOKYOでファイナル公演を迎えた。

◆VAMPS 画像

いつものように開演は“6時66分”の19時06分だ。そのときが近づくにつれて場内は一種、異様な雰囲気に包まれる。K.A.ZがセレクトしたBGMがどんどん爆音になる中、天井に妖しげな色に光るミラーボールが回り、2階席に設置されたネオンボード“VAMPS”、“SEX BLOOD ROCK N’ ROLL”の文字やドクロマークが点滅、興奮をおさえきれないフロアのあちこちで歓声が上がる。理性は今にも吹き飛ばされそうだ。

暗転するやいなや怒濤の大歓声が。幕が開き、オープニングは「MIDNGHT CELEBRATION」だった。幾筋もの緑のレーザービームが檻のような演出を果たすステージで、のっけから前のめりにシャウトするHYDE、台の上でジャンプをキメるK.A.Z、暴力的且つ研ぎすまされた演奏に圧倒される。

VAMPSとBLOODSUCKERSの野性は、ライヴが始まったその瞬間から、一気に解放のベクトルへと向かっていった。約4年ぶりとなるアリーナツアー<VAMPS LIVE 2015“BLOODSUCKERS”>も目前に迫っているが、この日のライヴで感じたのは最新アルバム『BLOODSUCKERS』収録曲の迫力、クオリティがとんでもなく増しているということだった。お台場の観覧車にも負けない派手な照明がステージ背後を覆い尽くした「LIPS」では極太なサウンドをモノともせずHYDEが上手下手へと動きまわりながら客席にマイクを向けながら歌い、K.A.Zが熱いソロをぶちかます。続いて、ステージ上方から吊り下げられた大きなシャンデリアの下、ARIMATSUの超パワフルなタイコで幕を開けるモトリークルーのカバー「LIVE WIRE」ではダイヴ続出。

吐息混じりのHYDEが「気持ちよくなりたいな! 天国に連れていってくれよ!」と絶妙のタイミングで叫び、前半戦にして、ZEPPは昇天しそうな勢いだ。

「GET AWAY」のイントロでは“キターッ!”とばかりの声があがり、ステージに幾つもの炎が燃え盛った「DAMNED」では背徳の世界へ。間合いがスリリングなヘヴィで緊張感に溢れた演奏と、ギターを弾きながら歌うHYDEの気迫に満ちたボーカルに脳内がかき乱され、ここからソリッドにダークに疾走していく「EVIL」へと移行する展開にはゾクッとさせられた。HYDE、K.A.Z、Ju-ken、ARIMATSU、JINの一糸乱れぬ邪悪なVAMPSワールド。ステージは近くて遠い。遠くて近い。この距離感も最高に心地いい。

JINのピアノの旋律が響き、シーンが一転するような「VAMPIRE’S LOVE」では深紅のバラを配したマイクスタンドで歌うHYDEが一片の純粋を浮かび上がらせ、死生観を表現した切なくドラマティックな「GHOST」が鳴らされる。

「楽しんでる? 今日でZEPPともおさらばなので、悔いのないように行こうぜ! 今日は世界中に中継されてます。世界中の血を吸いたいなと思ってね。キミたちのすげえところ見せてやろうぜ。好きにしていいからね。じゃあ、一緒にいこう」―HYDE

この日のライヴは国内映画館でのライブ・ビューイングに加え、世界にライブネット配信されていることもあり、ときおり、英語を混じえて話しかけるHYDEに熱い声が飛び交う。その直後に演奏された「ZERO」ではいくつものミラーボールの光がまばゆいほどにステージとフロアを包み、この曲の開放感と恍惚感を増幅させた。K.A.Zの軽やかなギターワークも宙を舞うよう。

ここからの後半戦はHYDEとK.A.Zのツインギターも見せ場のアグレッシブな「AHEAD」、フロントの3人が前に出ていって煽り、HYDEがギターを頭上高く掲げた「ANGEL TRIP」、ハンドクラッピングで盛りに盛り上がった「THE JOLLY ROGER」とキラーチューンが惜しみなく披露されていった。フラッグを肩にかけ、本能の赴くままに動き、ときに座りこんでみんなをのぞきこむようにして歌うHYDE。その歌と放たれる音は強いエネルギーと意志に満ちている。世界を股にかけ航海する海賊船のようにどこまでも連れていってくれそうだ。

「全員、BLOODSUCKERSだよな。Are You all BLOODSUCKERS?」と煽った「BLOODSUCKERS」はライヴならではのヴァージョンへさらに極悪に進化し、「みんな、もっと悪いコになれ!」とHYDEが叫ぶ。興奮のるつぼの中、スピードチューン「KYUKETSU -SATSUGAI VAMPS Ver.-」が爆弾のように投下され、幾つもの白熱球が天井からぶらんこのように揺れる中、本編が終了。最新アルバムを中心に据えたセットリストは強靭さとロマンティシズムを兼ね備え、向かうところ敵なしの今のVAMPSの凄さを浮き彫りにした。

超満員のフロアでは倒れている人がいないかどうか、スタッフが呼びかけ、アンコールは「DEVIL SIDE」からスタート。いったんステージからはけた後、Ju-kenが登場し、「こんなバカ騒ぎ今日が最後かと思うと寂しいな。明日もやっていい?」とジョークを飛ばす。そして、メンバーがひとりひとり挨拶する場面も。

装着していたガスマスクをはずし、「みなさん、ありがとうございます!」とひとことだけお礼を述べたJIN。「今日、すげえな。ビシビシくるな。いい感じに仕上がったよ。この感じでアリーナツアー、海外のフェス、ぶちかますんで」と気合い宣言のARIMATSU。「今日で長いツアーも終わりですが、みんなが応援してくれたおかげで、これだけの本数もできたし、楽しめた。身体こわしたときもあったけど、みんなの応援があったから乗り越えられたと思います」とK.A.Z。「こわいぐらい、オマエら、カッコいい。ニューアルバムの久しぶりのツアー、最初は手探りだったと思うけど、みんなでライヴを作り上げた感じがします。みんなの熱い気持ちがないと、こんなクレイジーなライヴにはならないでしょ。この勢いで今年は世界中を駆けまわりたいと思います」とHYDEがメッセージし、さらに5月30日、31日にさいたまスーパーアリーナで公演を行なうことを発表。「僕たちとBLOODSUCKERSのアルバムの集大成にしたいと思ってます」と集まったみんなを熱狂させた。

「SWEET DREAMS」、「LOVE ADDICT」に続いて最後に演奏されたのは「SEX BLOOD ROCK N’ ROLL」だ。すべての演奏終了後にHYDEは客席へ身体ごとダイヴ、ステージに戻ってはバラの花束を無造作にちぎってフロアに投げ入れ、恍惚の夜が終焉。圧巻のファイナルであった。

取材・文◎山本弘子 撮影◎田中和子

■<VAMPS LIVE 2014-2015>
2015年1月25日(日)@ZEPP TOKYOセットリスト
01. MIDNIGHT CELEBRATION
02. LIPS
03. LIVE WIRE
04. THE PAST
05. GET AWAY
06. DAMNED
07. EVIL
08. VAMPIRE‘S LOVE
09. GHOST
10. ZERO
11. AHEAD
12. ANGEL TRIP
13. THE JOLLY ROGER
14. BLOODSUCKERS
15. KYUKETSU
16. DEVIL SIDE
17. SWEET DREAMS
18. LOVE ADDICT
19. SEX BLOOD ROCK N’ ROLL

■<VAMPS LIVE 2015 “BLOODSUCKERS”>

2015年2月07日(土) 名古屋 日本ガイシホール OPEN 18:00 / START 19:06
2015年2月08日(日) 名古屋 日本ガイシホール OPEN 16:00 / START 17:06
[問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2015年2月28日(土) 大阪 大阪城ホール OPEN 18:00 / START 19:06
2015年3月01日(日) 大阪 大阪城ホール OPEN 16:00 / START 17:06
[問]キョードーインフォメーション 06-7732-8888
2015年3月14日(土) 仙台 ゼビオアリーナ仙台 OPEN 18:00 / START 19:06
[問]キョードー東北 022-217-7788
前売り(税込み) 9,200 円 (アリーナスタンディングブロック指定 / スタンド指定席)

■<VAMPS LIVE 2015 “BLOODSUCKERS” -FINAL->supported by uP!!!

2015年5月30日(土) さいたまスーパーアリーナ
開場 18:00 / 開演 19:06
2015年5月31日(日) さいたまスーパーアリーナ
開場 16:00 / 開演 17:06
料金 9,200円(税込)(アリーナスタンディングブロック指定 / スタンド指定席)
<チケット発売>
一般発売 2015年4月5日(日) AM10:00
<チケット先行販売>
■uP!!!先行
[お申込受付期間] 2015年2月15日(日)~2月22日(日)
■VAMPSオフィシャルファンクラブ『VAMPADDICT』
[お申込受付期間] 2015年2月17日(火)~2月22日(日)
■HYDEオフィシャルモバイルサイト『HYDERoom』
[お申込受付期間] 2015年3月4日(水)~3月8日(日)
■海外向けチケット販売『NEXUS』
[お申込受付期間] 2015年3月4日(水)~3月9日(月)
※NEXUSは、海外向けのチケット販売です。国内からはご利用いただけません。
■プレイガイド最速先行
[お申込受付期間] 2015年3月10日(火)~3月15日(日)
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日11:00~19:00)

■VAMPS主宰<VAMPARK FEST>

2015月2月18日(水) 日本武道館
出演者:[Alexandros] / Gerard Way / NOTHING MORE / VAMPS
2015年2月19日(木) 日本武道館
出演者:Buckcherry / sads / SIXX:A.M. / VAMPS
17:00開場 18:00開演(※両日とも)
【チケット】
アリーナスタンディングブロック指定(整理No.有)/スタンド指定
両券種共に9,500円(税抜)/ 10,260円(税込)(※当日券10,000円(税抜) /10,800円(税込))
※6歳未満のお客様のご入場はお断りいたします。
[問]ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12時~19時)

◆VAMPS LIVE 特設サイト
◆VAMPS オフィシャルサイト
◆VAMPS レーベルサイト
◆VAMPS オフィシャルFacebook
◆VAMPS オフィシャルTwitter
◆VAMPARK FEST特設サイト