2014年5月、国立競技場最後の音楽イベントとして開催された音楽の祭典<JAPAN NIGHT>が、いよいよ日本を飛び出し世界で展開されることが明らかとなった。4月4日にジャカルタ(インドネシア)で、5月23日には台北(台湾)で<JAPAN NIGHT>が開催される。詳細はまだ発表されていないが、ジャカルタのライブにはVAMPSと[Alexandros]が、台北ではVAMPSとthe GazettEがそれぞれ出演することが決定している。さらなる追加アーティストも後日発表される見込みだ。


<JAPAN NIGHT>は、世界に向けて日本の音楽を発信することを目的として開催されたライブイベントで、2014年5月28日と29日、国立競技場最後の音楽イベントとして幕を開けた。日本の音楽の魅力を、日本のエンターテイメントの力を、日本のアーティストの真の魅力を世界へ向けて発信すべく、28日はいきものがかり、ウカスカジー(桜井和寿&GAKU-MC)、岸谷香、ゴスペラーズ、斉藤和義、スキマスイッチ、ナオト・インティライミ、ファンキー加藤、ゆず、そして亀田誠治率いるYell for Japan special bandが次々と登場、29日にはSEKAI NO OWARI、Perfume、MAN WITH A MISSION、L'Arc-en-Cielのライブが展開され、海外からやってきた70社のメディアを通じて、日本の音楽シーンを紡ぎだす濃密な二日間が世界各国で報道されることとなった。

2014年10月23日には、世界の音楽関係者が集まるイベント「第11回東京国際ミュージックマーケット(11th TIMM)」のプレミアライブ<JAPAN NIGHT in TIMM>として、Zepp DiverCityで開催された。ここでは[Alexandros]、サカナクション、VAMPSの3組が登場、取材に訪れた海外メディアは日本が誇る最新のロックサウンドを驚きと感動の眼差しで捉えていた。超満員の会場で一体となったその熱きパフォーマンスは、海外でも大きな話題を呼ぶこととなったのだ。

日本の音楽を世界へ。<JAPAN NIGHT>は日本を飛び出しワールドワイドに展開していく音楽の祭典として、大きな一歩を踏み出すこととなった。最初の開催地は、ジャカルタと台北。さらなる発表をお楽しみに。

▲VAMPS

▲[Alexandros]

▲the GazettE

◆JAPAN NIGHTオフィシャルサイト
◆JAPAN NIGHTオフィシャルFacebook