NHK「みんなのうた」で2月からオンエアされ、大反響を受けているAKB48の楽曲「履物と傘の物語」が、このたび2月5日(木)0時よりレコチョクにて独占先行配信されることが発表された。

「みんなのうた」では南家こうじが映像を手がけ、とある町の隣同士の「履物屋」と「傘屋」のおばあちゃんの触れ合いを描く心温まる作品になっている本作。歌詞を担当するのは秋元康。歌唱メンバーは高橋みなみ・小嶋陽菜・渡辺麻友・島崎遥香・松井珠理奈・指原莉乃・柏木由紀・横山由依となっており、高橋みなみからは代表してコメントが寄せられている。

■高橋みなみ コメント

「この曲は、田舎の駅の近くにある、とある商店街の中の履物屋さんと傘屋さんのおばあちゃんの物語です。ぽろんぽろんと流れて来るメロディーに沿って、おばあちゃん達の物語が流れて来る。おばあちゃん達はどんなことを考えながら過ごしていたんだろう。どんなお話を二人で笑顔でしていたんだろう。そんなことを考えながら、心を込めて歌わせて頂きました。しあわせってなんだろう。その答えのひとつがこの歌にある気がします。」

なお「履物と傘の物語」は、3月4日発売の39thシングル「Green Flash」Type N に収録される。

「履物と傘の物語」着うた(R)、着うたフル(R)、スマートフォン、PC 配信
http://recochoku.com/k0/hakimono/

<「履物と傘の物語」あらすじ>

今作はとある町の隣同士の「履物屋」と「傘屋」のおばあちゃんの触れ合いに心温まる物語。お互いの店を行き来して、春夏秋冬をともに過ごす二人の老婆。夫に先立たれ、家族も巣立ち、一人きりの生活でも、その交流が幸せな日々。後を追うように亡くなった二人の家には、それぞれが買い合った履物と傘が山のようにあった。その履物の数だけ、傘の数だけ「しあわせ」がそこにあった……。

◆『みんなのうた』公式サイト
◆BARKS KAWAII