マイリー・サイラスのショート・フィルム『Tongue Tied』のポルノ映画祭出品が取り消された。

◆マイリー・サイラス画像

<NYC Porn Film Festival>の主催者は、共通の友人を通じマイリーと知り合い、彼女本人から承諾を得たと話していたが、マイリーの代理人によると、それは事実ではなく、出品を取り消し、直ちにサイトから削除するよう主催者へ依頼したという。


マイリーのスポークスマンは「マイリーは素晴らしい映画製作者であるクエンティン・ジョーンズとフィルムを作ったことを誇りに思っています。彼女もクエンティンもどんな形であれ、この”フェスティヴァル”へ参加することはありません」と話している。

『New York Post』紙は、映画祭の主催者から提示された「プロダクション会社が上映を許可した」と記すメールを見ているが、マイリーの代理人はそのメールには誤解があり、彼らはポルノ映画祭ではなくアーティストが運営するショート・フィルムの上映会と認識していたと話した。

主催者は「僕らはアート・フェスティヴァルのようなものだ。ポルノの作品を扱っているとしても、LAの安っぽいポルノ・アワード・フェスティヴァルではない」と言うが、「マイリーや彼女のイメージを傷つけたくはない」と、先方の要望に従ったという。


Ako Suzuki