『葡萄』と名付けられた、サザンオールスターズの新作の詳細がついに明らかとなった。前作『キラーストリート』から約10年を経て発表されるこのアルバムは、一枚のCDに収録される限界に近い全16曲を収録する超大作となる。

収録曲は、「ピースとハイライト」「栄光の男」「東京VICTORY」「天国オン・ザ・ビーチ」といったヒット曲に加えて、なかなか前に踏み出すことができず迷っている人たちに向けて「勝負に出よう!」と気持ちを鼓舞してくれるディスコサウンドな「アロエ」、古都の風景を織り交ぜながら失恋の悲しみを情緒豊かに歌う「イヤな事だらけの世の中で」、戦後70年にあたり、我が国の先人達へ思いを馳せて改めて平和の大切さを歌ったバラード「平和の鐘が鳴る」、デジタルに囲まれて生きている現代に生身の人間同士の愛の素晴らしさをテーマにした「バラ色の人生」などなど、テーマは縦横無尽かつ変幻自在。ただ、どの曲もふるさと日本に対する愛情を土台におきながら、現代の日本に生きる者として、忘れてはいけない大切なこと、向き合わざるを得ない難しい問題を念頭におきながら作られているという。

アルバムのタイトルは『葡萄』。「葡萄」という字面にまずインスピレーションを感じ、葡萄の葉が心臓、房が乳房、蔓が人に巻きつく感じにそれぞれエロティシズムを連想させたことが、このタイトルに結び付いていったと桑田佳祐は語る。一方で、音楽性はもとよりある種の「読物」としての在り方にこだわったというこの作品に、小説や読物のタイトルかと思わせるようなものにしたかったということも『葡萄』に決定した理由のひとつだという。確かに、渡辺淳一の小説にまさに「葡萄」があるし、芥川龍之介の「蜜柑」、梶井基次郎の「檸檬」など果物と小説のタイトルはイメージが結びつきやすい。

さらに、葡萄はもちろんワインの原料であり、葡萄の花言葉のひとつに「陶酔」があるという。ファンクラブに寄せた文章の中で桑田佳祐は「16もの曲が、たわわな実となり、ワインのような豊かな陶酔を味わっていただける作品が出来上がると思います。」とも言っている。

なお、作品は現在完成間近。無事完成した暁には、発売に先駆けてプレミア試聴会開催を予定しているとのこと。こちらの詳細は後日発表される。

そしてタイトルと内容に加え、初回限定盤の特典内容も発表となった。『葡萄』の完全生産限定盤A、Bともに、桑田佳祐自身による全曲解説と2013年の復活以降の貴重な写真などで構成される、特別編集のブックレット「葡萄白書」が特製BOXの中に梱包される。そして、完全生産限定盤Aにはさらに、特製の「“おいしい葡萄の旅”Tシャツ」(フリーサイズ)も含まれる。さらに今回はまだ発表できない、追加の特典も用意されているとのこと。


サザンオールスターズ『葡萄』

3月31日(火)リリース
収録曲:
1.アロエ (WOWOW 2015 CMソング)
2.青春番外地
3.はっぴいえんど
4.Missing Persons
5.ピースとハイライト (フォルクスワーゲン「New Golf」 CMソング)
6.イヤな事だらけの世の中で (TBS日曜劇場「流星ワゴン」主題歌)
7.天井棧敷の怪人
8.彼氏になりたくて
9.東京VICTORY (三井住友銀行 CMソング / TBS系列「2014 アジア大会&世界バレー」テーマ曲)
10.ワイングラスに消えた恋
11.栄光の男 (三井住友銀行 CMソング)
12.平和の鐘が鳴る (NHK 放送90年イメージソング)
13.天国オン・ザ・ビーチ
14.道
15.バラ色の人生
16.蛍(映画「永遠の0」主題歌)

・完全生産限定盤A(「通常盤CD + オフィシャルブック「葡萄白書」+“おいしい葡萄の旅”Tシャツ+ 追加特典」特製BOX入り)
・完全生産限定盤B(「通常盤CD + オフィシャルブック「葡萄白書」+追加特典」特製BOX入り)
・通常盤
・アナログ盤
※「完全生産限定盤A」は、「完全生産限定盤B」に“おいしい葡萄の旅”Tシャツがプラスで付く形となります
※アナログ盤のみ発売日が2015年4月8日となります