エイベックス・デジタルが企画・制作し、大橋トリオの楽曲をモチーフに俳優の齊藤工がメガホンをとったオリジナルショートフィルム『半分ノ世界』が、2015年の国際エミー賞デジタル部門「デジタル・プログラム:フィクション」にノミネートされたことが発表された。

『半分ノ世界』は、「UULA」と「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」が、新進気鋭の若手映画監督の発掘を目的に立ち上げた共同プロジェクトにより生まれた作品。若手監督が人気アーティストの楽曲と歌詞と世界観をモチーフに、独自の視点と自由な発想でショートフィルムを制作するというコンセプトから、本作は齊藤工が映画監督を務め、大橋トリオのヒット曲「HONEY」から受けたインスピレーションを映像化した。2014年の「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」でも本作は公式上映され、高い評価を獲得していた。

2015年に10回目を迎える国際エミー賞デジタル部門は、作品が企画・制作された背景やコンセプトのほか、プラットフォームやフォーマットなどの視聴方法、視聴機能など、ユーザーに対して新しい体験を与えているか、制作面で新たなチャレンジをしているかといった点を総合し、功績のある作品に贈られる。

今回のノミネートにあたり、プロジェクトを企画したエイベックス・デジタルの村本理恵子 常務取締役は、「日頃よりデジタル配信という新しい領域で、新たなクリエイターを発掘すべく取り組んできたことが、世界的な評価をされてとても光栄です。」とコメント。



さらに、監督を務めた斎藤工も「俳優業の傍らでの制作でしたがショートフィルムであるって事や内容等はこちらから持ち込めたりと環境的に理想的でした。今回のプロジェクトに心から感謝しています。そんな私のわがままに対し、才能を分けてくださった全ての方々にまだ何も恩返し出来ていないので、今回の事がそれに値したら幸いです。」と、話している。



(C)UULA

『半分ノ世界』

監督:齊藤工
配信開始日 :2014年6月5日 現在も配信中。
出演: 田辺桃子、井浦新 他
アーティスト: 大橋トリオ 「HONEY」
脚本:金沢知樹
サイトURL:http://uula.jp/sp/ssff/