スティーヴン・タイラーは、映画のサウンドトラックのためにエアロスミスが1989年にリリースしたヒット・シングル「Janie's Got A Gun」を再レコーディングしたそうだ。

◆スティーヴン・タイラー画像

その映画『Jane Got A Gun』はギャヴィン・オコナーが監督、ナタリー・ポートマン、ユアン・マクレガーが出演する西部劇で、スティーヴンは“ダークでスモーキー”な「Janie's Got A Gun」ニュー・ヴァージョンを作り上げたという。映画は2015年秋の公開を予定している。

「Janie's Got A Gun」はスティーヴンとトム・ハミルトンが共作。エアロスミスの10枚目のスタジオ・アルバム『Pump』(1989年)からシングル・カットされ、全米チャートで4位につけた。また、彼らにとってオーストラリアでの初のNo.1シングルとなった。

スティーヴン・タイラーはまた、ソロ・アルバムの制作にも取り掛かり始めているそうだ。エアロスミスに関しては、現在、レコード契約はなく、新作のレコーディング予定はないという。スティーヴンは「エアロスミスは多分、また何かやるだろう」が、「正確なことはわからない。俺がわかっているのは、自分がやってることだけだ」と『Rolling Stone』誌のインタビューで話した。

バンド・メイトのジョー・ペリーは、アリス・クーパーの新プロジェクトThe Hollywood Vampiresのライヴに参加することを発表している。


Ako Suzuki