藤巻亮太が、地元・山梨のサッカーチーム、ヴァンフォーレ甲府の創立50周年を記念して、同チームのアンセムを制作した。

ヴァンフォーレ甲府は、前身である甲府サッカークラブが誕生してから2015年で50年目を迎える山梨県のサッカーチーム。“これまでの50年間で積み上げてきた歴史を次の50年、100年につなげるべく、これからもサポーターと一体感をもって共に戦っていきたい”との思いから、選手を鼓舞し、勝利へと導くべく歌(=アンセム)を求め、藤巻亮太とのタッグで「ゆらせ」が完成した。

今回のタッグについて藤巻は、「山梨出身のミュージシャンであり、いちサッカー愛好家である自分にとって、その両方で愛する故郷に恩返しをさせて頂く機会を下さりましたことを、心から感謝いたします。」と喜びを述べ、「僕ら一人一人の熱い振動がヴァンフォーレ甲府のチームのために結集したら、どれだけ大きなヴァイブレーションとなってチームを勝利に導くでしょうか。スタジアムの熱気を想像しながら、そんな願いを込めて『ゆらせ』という楽曲をつくらせて頂きました」と、楽曲に込めた熱い想いを語っている。

なお、藤巻亮太作詞作曲の「ゆらせ」は、現状リリースは未定。またチームでは本作をもとに、実際にスタジアムでサポーターと共に歌うために歌詞やアレンジに手を加えた、別バージョンも制作する予定だ。

  ◆  ◆  ◆

ヴァンフォーレ甲府を愛するすべての皆様。

今回、ヴァンフォーレ甲府アンセムを担当させて頂きました、藤巻亮太です。山梨出身のミュージシャンであり、いちサッカー愛好家である自分にとって、その両方で愛する故郷に恩返しをさせて頂く機会を下さりましたことを心から感謝いたします。

さて、話は遠回りになるかもしれませんが、現代物理学の最先端では物質の最小単位は振動する紐だとされています。つまり僕らの身体、感情、思考、意思、その全てが揺れている訳です。
つまり僕ら一人一人の熱い振動がヴァンフォーレ甲府のチームのために結集したら、どれだけ大きなヴァイブレーションとなってチームを勝利に導くでしょうか。

スタジアムの熱気を想像しながら、そんな願いを込めて「ゆらせ」という楽曲をつくらせて頂きました。
J1リーグ3度目の新たな舞台に立つヴァンフォーレ甲府を、そして山梨のみんなを応援できる曲になったらと思います。

藤巻亮太