アルトサックス・プレイヤーの矢野沙織が、約2年半振りとなるアルバム『Bubble Bubble Bebop』を4月22日にリリースする。

◆矢野沙織 画像

ジャズの名門「SAVOY」レーベル日本人アーティスト第2弾として2003年9月に16歳でセンセーショナルなデビューを飾り、2007年春には花王“ASIENCE”の新たなアジアンビューティーとしてCMに登場もしている矢野沙織。同CMで使用されていたオリジナル曲「I&I」を収録した、20歳にして初のベストアルバム(!)は、第22回日本ゴールドディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、ジャズの枠を超えて広く注目を集めた。

そんな矢野の最新作『Bubble Bubble Bebop』は、機軸は“Bebop”にすえながらも、今の彼女の音を最大限に活かしたファンキー・ジャズのいいところと、キューバンラテン要素の美味しいところを盛り込んだ、バブルの如く湧き出るパッション・ジャズ・アルバムとなっている。

また、ジャズの枠を超えて人気を博しているSOIL&"PIMP"SESSIONSのメンバーである元晴(ts)とタブゾンビ(tp)、日本のキューバンラテンの重鎮バンド「サルサスインゴサ」のリーダーでありパーカッショニストの第一人者の大儀見元らが参加しており、新たなパッションとグルーヴが矢野沙織を強力にバックアップしているところにも注目だ。

なお、矢野沙織から今作についてコメントも届いている。

  ◆  ◆  ◆

「気付けばCDデビューしてから10年が過ぎました。
14歳から音楽活動を開始し16歳でCDを作った私は、10年以上経った今も、当時と変わらず『ジャズは大人っぽい音楽だなあ。自分も早く大人になりたいなあ。』などと思ってしまっている始末。ジャズの持つあの独特の地下から湧くような熱量、なんだかとってもなタブー感、快楽を直球ではない回り道でわざわざ包み隠すようなフレーズの数々。
でも正直なところ私にとっては、例えば、JBもWoodstockも、またはチャーリー・パーカーも、80年代のジャコパスでさえ同じく体験していないのだから、すごく好きと言う他は双方に大した変わりはないのです。なんならアフリカ・バンバータでも例外ではないくらいに。それでもジャズ、特にBebopの抑圧された中での妖しくも絶対的な多幸感には魅了されっぱなしなのです。
今回はBebopを基調としたオリジナル曲に少し作詞・歌唱をしてみたり、同じく以前から大きな興味を寄せるラテン音楽から、最近も度々来日して下さるエディパルミエリ作「Puerto rico」と私が10代の時に書いた曲を合体させてみたり。
ずいぶんとやりたい放題のレコーディングになりました。
作詞なんか初めてですが、なんだか出来るかも知れないと思ってやってみました。ラテン音楽は大好きとは言え、どこから何が飛んできても打ち返せるほどに詳しいか、と言われれば苦笑いするしかない中で思い切って大儀見元さんに打診をしてみた。
その様な結果です。
ふと振り返ってみると、10 年前より私は、かえって子供っぽくなったかも知れません。
本当はイケるんじゃないか?本当はやってみたい、と言うことをアカデミックなコンプレックスを前に包み隠すことをやめた時に、改めて私は大層大事に育てられて来たのだ、と単純に喜び、自信にも繋がる素直なレコーディングができたと思っています。
今作をどうぞ、楽しんで。」──矢野沙織

  ◆  ◆  ◆






アルバム『Bubble Bubble Bebop』

2015年4月22日発売
COCB-54166 ¥2,800(+税)
[収録曲]
1.Blowin’ The Blues Away (Horace Silver)
2.Bluebird (Charlie Parker)
3.Puerto Rico~砂とスカート (Edward Palmieri~矢野沙織)
4.Betty Et Zorg (Gabriel A. Yared)
5.Mercy, Mercy, Mercy (Josef E. Zawinul)
6.Bayou (James O. Smith / Jimmy Smith)
7.Avalon (Vincent Rose)
8.Bye Bye Babylon (矢野沙織)
9.Confirmation (Charlie Parker)

[参加メンバー]
矢野沙織(as)
中島徹(p) 中村健吾(b) 小松伸之(ds):M1、2、4、5、6、7、8、9
元晴(ts/Soil & Pimp Sessions) タブゾンビ(tp/Soil & Pimp Sessions):M5
大儀見元(perc) 中島徹(p) 中路英明(tb)ほかサルサスインゴサのメンバー:M3