2015年のグラストンベリー・フェスティヴァルのヘッドライナーにカニエ・ウェストが決まり、多くの人から反対の声が上がっているが、ロニー・ウッドもその1人だ。

◆ロニー・ウッド画像

彼は、決してカニエ自身を批判するわけではないと断りながらも、『Daily Mirror』紙にこう話した。「カニエがヘッドライナーだなんて、絶対おかしい。俺は頭にきている。だから、あんまり考えないようにしている」

「グラストンベリーはロック・ミュージックのホームだ。カニエはロックじゃないだろ。彼は素晴らしいエンターテイナーだし、毒づくことでオーディエンスを魅了する術を知っている。でも、あのフェスティヴァルの主旨を考えれば、間違った選択だ」

「幸運を祈るよ。彼があのステージに立ってサバイブできるのか、俺はわからない。ロック・ミュージックを求めあの場へ行く人たちは、ラッパーやR&Bシンガーに乗っ取られることをすごく怒っている」

カニエのヘッドライナーが発表されるとすぐにオンラインの反対署名運動がスタートし、一週間足らずで10万近くの人々がサインしたといわれている。

グラストンベリー・フェスティヴァルでラッパーがヘッドラインを飾るのは、2008年のジェイ・Zに続き2人目。ジェイ・Zのときも賛否両論が巻き起こった。

2015年のグラストンベリー・フェスティヴァルのヘッドライナーはカニエ(2日目)のほか、フー・ファイターズ(初日)が決まっている。最終日のヘッドライナーは4月に発表される見込み。チケットは2014年秋すでに、ラインナップが不明な状態で売り切れている。

Ako Suzuki