ニャーKB with ツチノコパンダが歌う、アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」のミュージックビデオが解禁となった。

◆ニャーKB with ツチノコパンダ「アイドルはウーニャニャの件」ジャケット画像、MV

ジバニャンには大好きなアイドルがいた。その名も「ニャーKB」。ジバニャンの部屋にはニャーKBのポスターに囲まれ、毎晩天井のポスターにキスをして眠り、なんと握手会にも毎回参加するガチファン。元は、現実のAKB48のパロディーから始まったこの設定が、2015年、実際のAKB48から選抜されたメンバーにより、ニャーKBとして4月8日にデビューする。

ニャーKBに選抜されたメンバーは、次世代のAKB48を担う島崎遥香、松井珠理奈、宮脇咲良、川栄李奈、木崎ゆりあ、加藤玲奈、小嶋真子の7人。

テレビアニメの第51話(2015年1月9日放送回)では、このニャーKB with ツチノコパンダが結成される経緯が描かれた。

そんな彼女たちが歌う「アイドルはウーニャニャの件」は、アイドルと女の子の狭間で揺れる実際のアイドル(AKB48メンバー)達の心を、妖怪ウォッチのゲーム内のレアキャラ、ツチノコとパンダのミックス妖怪である「ツチノコパンダ」と重ねている。

さらに、アニメから実際のメンバーへと変化していくミュージックビデオは、とても愛らしく、面白い。スキャンダルに追われる姿も今までにない表情で描かれ、彼女たちのウィークポイントをうまく逆手に取った作品となっている。

なお、3月30日には、豊洲PITで「アイドルはウーニャニャの件」発売記念イベント開催も決定している。