Music Jacket Promotion Committee主催「ミュージック・ジャケット大賞2015」で、椎名林檎の『逆輸入~港湾局~』が今年度の大賞に決定した。

◆椎名林檎 『逆輸入~港湾局~』ジャケット画像

本賞は、音楽パッケージの魅力の一つであるジャケットの素晴らしさを多くのユーザーに訴求すると共に、CD等の音楽ジャケット文化の継承と発展を目的として2011年に制定されたもの。第5回目となる「ミュージック・ジャケット大賞2015」は、2014年4月1日~12月31日にかけて、日本レコード協会会員社より発売された洋楽を含む国内制作の音楽CDを対象に、大賞候補50作品の中から受賞作品が選定され、このたび椎名林檎の『逆輸入~港湾局~』が大賞を受賞した。

『逆輸入~港湾局~』は、椎名林檎がこれまでに作家として、他アーティストへ提供してきた楽曲をセルフカバーした新録アルバム。1998年からこれまで、彼女が書いてきた数々の詞曲を選り、広末涼子、ともさかりえ、TOKIO、PUFFY、栗山千明、SMAP、真木よう子、野田秀樹へ提供した楽曲、そのそれぞれを、前山田健一、小林武史、根岸孝旨、大友良英など、気鋭のアレンジャー陣が大胆にリアレンジし、最新の技術で新たにレコーディングされた全11曲が収録されたものだ。

今回の受賞に関して、椎名林檎及びクリエイターから以下のコメントが寄せられている。

  ◆  ◆  ◆

■椎名林檎コメント
──大賞を頂戴して──

我々の作品を取り上げてくださりありがとうございます
しかも大賞だなんてほんとうにもったいなく、光栄です
そちらへ伺って、よろこびを直接お伝えしたかったです
毎度打合せ時よりおもしろおかしく取り組んでおります
ますます全身全霊、半笑いのまま制作して参りたいです
今後ともどうぞご鞭撻のほどよろしくお願いいたします

■ART DIRECTOR&DESIGNER:木村豊(Central67)コメント
まったくもって大賞をいただけるとは思ってもいなかったのでビックリしました。
ありがとうございます。タイトルである「逆輸入」を受け、「コンテナ埠頭で撮影したい」
というデザイナーに「じゃあ花魁の格好をしたい」と答えるミュージシャンあっての大賞
だと思っています。
毎回無茶な撮影に付き合っていただく椎名さん、スタッフの皆様に感謝いたします。

  ◆  ◆  ◆