LUNA SEA主宰による史上最狂のロックフェス<LUNATIC FEST.>が2015年6月27日と28日の2日間、幕張メッセにて初開催を迎える。これは<LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL>終演後のスクリーンにて告知されたものであり、結成25周年の集大成といえるもの。出演バンドは全22組。先駆者でもある先輩バンドから、影響を公言する後輩バンド、そして同時代を駆け抜けてきた戦友バンドまで、ジャンルは異なれどSUGIZO曰く「同じ種族」によるバンドが狂宴を繰り広げる。

◆LUNA SEA 画像

LUNA SEAはフェス開催直前の6月15日から18日の4日間にわたり、InterFMにて特別番組『"LUNATIC FEST." SPECIAL !!』を放送した。全ラインナップの出演依頼経緯をはじめ、各バンドにまつわるLUNA SEAとのエピソードなどをメンバー自らが解説した同番組は、延べ4時間の熱い内容となった。BARKSは、その収録現場に密着。時間の都合でやむなくカットされた部分も含め、ここに完全版テキストをお届けする。まずは第一夜、SUGIZO×Jによるトークから。

   ◆   ◆   ◆

■演奏するのも終わってから飲むのも
■命張ってないとできないっていう感じだった──SUGIZO

──ものすごいプレッシャーを感じてるんですけど(笑)。このふたりが揃うっていうのはレアなんですか?

J:40年ぶりですね(笑)。

SUGIZO:去年ぐらいにやったよ(笑)。

──そうですか(笑)。おふたりには<LUNATIC FEST.>の全ラインナップについて紹介/解説していただきつつ、たっぷりと魅力を語っていただきたいと思います。まず一発目に取り上げるバンドは、6月27日に出演するX JAPAN。このバンドについての説明はもはや必要ないとは思いますけど、80年代、そして90年代に一大ムーブメントを築き上げ、日本のロックシーンに多大すぎる影響を与えた世界中にファンを持つバンドです。X JAPANとの出会いはいつ、どんなタイミングだったんですか?

J:俺たちがLUNA SEAを始めた当初は、東京の町田でライヴやっていたんです。当時、目黒のライヴハウスはいちばん熱いんじゃないかっていうぐらい、すごいシーンだったわけですよ。俺らがその目黒でやり出した時に、すごくそのシーンをかき回してた存在というか、ものすごいバンドでしたね。

──X JAPANのメンバーと最初に喋った瞬間とか覚えてます?

SUGIZO:鹿鳴館に来てくれたんです、HIDEさんが。それ以前からX界隈というか、エクスタシー界隈との交流が始まっていて、噂を聞きつけて観に来てくれたんですね。なんかすごく意気投合してそのまま飲みに行ったよね。

J:うん。

SUGIZO:最初にどんなひと言を話したかはもう覚えてないんですけど、すごく盛り上がったのは覚えてます。

──出会ったその日にHIDEさんと飲みに行ったと。

SUGIZO:そう。飲みの席では音楽の話とか普通にざっくばらんにしてましたね。年代的には1990年の前半だったと思う。

J:SUGIZOは、こういうことをすごく覚えてるんですよ。

SUGIZO:そうそう(笑)。それ以前の1990年頭ぐらいに、鹿鳴館の何回目かでTOKYO YANKEESと一緒になったの。TOKYO YANKEESはエクスタシーの大先輩なんですけど、そのぐらいからいろいろ目黒関係で仲間が繋がっていって、ついに大将が現れたっていう。それが俺たちにとってはHIDEさんだったんですね。

J:もともと俺たちのスタッフがX JAPANのメンバーと仲良かったりとかもあってね。で、「最近LUNA SEAっていうバンドがカッコいいらしい。今度観に行きたいって言ってるんだけど」みたいな話をされたりとか。自分らも、もう天下獲ってやる!みたいな想いで突き進んでた中で出会った本物のバンドですよね。

──そこから一気にエクスタシーからの音源リリースまで話が?

SUGIZO:すごく気に入ってくれてね。意気投合して、「是非エクスタシーから出したいんだけど」っていう話になって、次にYOSHIKIさんを紹介してくれたんですよ。そこからあれよあれよという間に、その年のうちに話がまとまって、次の年の頭にはもうレコーディングしてたよね。

──そんなにスピード感溢れる感じで進んでいったんですね。

J:エクスタシーレコードは、YOSHIKIさんの、X JAPANのインディーレーベルですよね。とにかく、当時のメジャーなんか目じゃないぐらいセールスもあったし、もっと言うとそのレーベルから、今回のイベントにも出ていただくTOKYO YANKEESとかLADIES ROOMとか、ものすごい個性とパワーのあるバンドたちが所属していたわけで。そのくらいバンドとしてのパワーがないと、エクスタシーからリリースができなかったんですよ。だから話をもらった時に、やっぱりLUNA SEAがひとつ認められたような気持ちにはなりましたよね。

──LUNA SEAはそれまでライヴハウスのオーディションを受けてもほとんど受かってなかったという話を聞いたことがあるんですが(笑)。それはポジティブな意味で、規格外だったっていうことだと思うんですけど。

SUGIZO:うん、いまだに鹿鳴館はまだ保留になってるから、うちら。受かりたいんだけどね(一同笑)。

J:ずっと保留(笑)。

SUGIZO:夢ですね。鹿鳴館のオーディションに受かりたい(笑)。

──<LUNATIC FEST.>はLUNA SEAを首謀者として幕張メッセで行われるんですけど、バンドとしては鹿鳴館のオーディションに受かるのが夢ということで(笑)。ともあれ、エクスタシーから当時いち早く認められたという。

SUGIZO:さっきJが言ったように、そのシーンが本当に熱くて。演奏するのも終わってから飲むのも、命張ってないとできないっていう感じだったので、相当気合いを入れましたよ。ここに突っ込んでいくんだったら命懸けだって。

J:うん。そうじゃないと、やっぱり通用しないんですよね。熱さっていうか音楽に対する想い。音楽ジャンルは違えども、ずっと「お前らはどうなんだ?」って突きつけられてるような気がして。そこに向かって俺たちは本当に負けちゃいけないんだっていうか、そこでバンドの気持ちというか体力を問われているようでね。

SUGIZO:基礎体力とアティテュードだよね。修羅場とか戦場に突っ込んでいくような気分だったし、今は修羅場をかいくぐってきた感じもする。で、その戦場、修羅場のボスがXだったということです。

──ちなみにニルヴァーナが『NEVER MIND』を出したのが1991年で、LUNA SEAがエクスタシーからアルバムを出した年と一緒なんです。結論から言うと、1991年は日本のロックが世界に並んだ年なのかなと思ってるんですよね。たぶん1975年にパンクが生まれて、それがじわじわ浸透して、いつか俺たちの手でDIYでやっていくみたいな精神が世界同時革命的に起きた年でもある。その中にLUNA SEAというバンドがいて、エクスタシーというレーベルがあって。ある意味、世界標準に日本のロックが追いついた瞬間というふうに個人的には思ってるんですけどね。

J:それは嬉しいね。

SUGIZO:その頃、英国はクリエイション・レーベルとかか。やっぱりどの国も、インディペンデントなパワーとアティテュードを持ったヤツらがシーンに駆け上がっていった時代だと思う。そこでLUNA SEAがやったことって日本独自の音を探していたような気がするんですよ。おそらくアメリカでもヨーロッパでもない。影響をすごく受けながら自分たち流にミックスしてフュージョンしていった。そこで初めて、もしかしたら並ぶことができたのかもしれないですね、他の国と。

──そのへんは当時、X JAPANとLUNA SEAのメンバーで何か話していたこともあるんですか?

J:個人レベルでは好きな音楽とか、音楽に対する想いとかは話していたでしょうね。ただ、X JAPANはものすごい速度で日本のシーンを駆け上がっていったし、俺らは俺らでやっぱり追いつきたいし、追い越したいっていう想いで、また違った音楽を持って突き進んでいたので。なんかね、不思議な距離感というか、不思議な信頼感というか。そういうものを俺は抱いてたなっていうのはすごくありますよ。

──なるほど。

SUGIZO:実は、X JAPANとは種族がすごく近いと思うんですよ。そういう感じ。会わない時は本当に何年も会わなかったりしたし。でもやっぱり繋がってる。精神性や、種が近いんだと思うんです。なので、20年以上経ってもいまだに一緒にこうやってやっててね。僕はX JAPANでも弾いちゃってるし。そう考えると、最初からそういう絆だったんだなと。その絆を最初に結び付けてくれたのはHIDEさん。なかなか数奇な人生を我々は歩んできてるなと思いますよ。

J:だからこそ今回俺たちが主宰する初めてのフェス<LUNATIC FEST.>に絶対X JAPANには出ていただきたかったんですよね。

◆インタビュー(2)へ