LUNA SEA主宰による史上最狂のロックフェス<LUNATIC FEST.>が2015年6月27日と28日の2日間、幕張メッセにて初開催を迎える。これは<LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL>終演後のスクリーンにて告知されたものであり、結成25周年の集大成といえるもの。出演バンドは全22組。先駆者でもある先輩バンドから、影響を公言する後輩バンド、そして同時代を駆け抜けてきた戦友バンドまで、ジャンルは異なれどSUGIZO曰く「同じ種族」によるバンドが狂宴を繰り広げる。

◆LUNA SEA 画像

LUNA SEAはフェス開催直前の6月15日から18日の4日間にわたり、InterFMにて特別番組『"LUNATIC FEST." SPECIAL !!』を放送した。全ラインナップの出演依頼経緯をはじめ、各バンドにまつわるLUNA SEAとのエピソードなどをメンバー自らが解説した同番組は、延べ4時間の熱い内容となった。BARKSは、その収録現場に密着。時間の都合でやむなくカットされた部分も含め、ここに完全版テキストをお届けする。前回に続いて、第二夜もSUGIZO × Jが熱く語る。

   ◆   ◆   ◆

■苦しみを経て、なおピュアであり続けようとするところに
■男気を感じるんですよね──SUGIZO

──第二夜の最初に取り上げるバンドは6月28日に出演するGLAY。彼らは1994年にメジャーデビュー後、LUNA SEAと並び、1990年代に一大シーンを築き上げてきたバンドです。2015年5月30日、31日には20周年の締めくくりとして東京ドームでのライヴも開催されました。GLAYとLUNA SEAも付き合いが長いんじゃないかなと思いますけど、出会いはいつになるんですか?

SUGIZO:1994年ですね。彼らはエクスタシー・レーベルの、うちらのちょうど下の世代にあたるバンドで。エクスタシーからデビューすると同時にメジャーデビューしたんだよね。その最初のライヴを俺は観に行きました。

──どんな印象だったんですか?

SUGIZO:ぱっつんぱっつんのスーツを着て、一生懸命大暴れしてた少年たち(笑)。でも当時から変わってないのが、ホントにいい意味でずっと少年性を持っている。ロックにずっと心を焦がしている少年たちっていう感覚が素晴らしいと思います。

J:ホントにそう思う。いつ会っても好青年なんだよね。あれはすごいね。昔から、どれだけ大きくなろうが、いつもあのままでさ。でもそのいい意味でのピュアさが、彼らの音楽には入っているよなっていつも思うんですよね。

SUGIZO:普通は、ああなれない。彼らは大人になってないんだよね。いいように言っちゃったかな(笑)。いつまでもロックに憧れてる少年なの。それは美しいと思う。

──FacebookとかTwitterを見てると、SUGIZOさんはけっこうTAKUROさんのお宅にお邪魔して、家飲みたいなのもしてるみたいですけど、プライベートでの交流も?

SUGIZO:よく飲みます。

J:昔、TERUくんと話したんだけど、彼は最初、ベースやってたの?

SUGIZO:ドラムドラム。

J:ドラムやってたんだ。確か「Jさん、俺、「PRECIOUS……」を最初ベースで弾いたんですよ」って言ってたような。

SUGIZO:ベースもできるんじゃない? もともと彼はGLAYのドラマーだったの。

J:へぇ、すごいね。GLAYのこと、いっぱい知ってるね(笑)。

──ははは。1990年代に怒涛の勢いでLUNA SEAもGLAYも突き進みましたが、あの時を今振り返ると、どうだったんですか? お互い意識してたとか、語り合ったことがあったとか。

SUGIZO:当時はいい意味で弟分でしたね。それから彼らが自分たちのやり方でシーンを築き上げて、今となっては同年代の同志って感じがするよね。

J:ホントにそこに立った人間にしかわからないハードさというか大変さっていうか。俺らもそれを理解してるし。そこに立って演奏してきた、歌ってきた、伝えてきた彼らはホントに偉大なバンドだと思いますよ。このままGLAYはどんどんGLAY節をずっと貫いていくんだろうし、それはすげえなと思いますよ。

──この流れでいくと今回のフェスにGLAYを誘ったのはSUGIZOさんっていうことになるんですか?

SUGIZO:そうですね。

──出なさい!と。

SUGIZO:いやいや、そんな命令形じゃないですよ(笑)。僕はあんまり覚えてないんですけど、飲んでるときに「LUNA SEAが今度フェスやるんだけどさ、よかったら」って言ったら、話が終わる前に「出ます!出ます!出ます!」ってすごい食いこんできたっていう(笑)。盛り上がりましたね。

J:話が終わる前に「出ます!」と言ったっていうのは、やっぱりちょっと威圧的なものがあったんじゃない?(笑)。

SUGIZO:いやいや、威圧してないよ、俺は(笑)。

──それだけ仲がいいっていうことだと思いますけどね(笑)。改めてGLAYの魅力とは?

J:さっきも言った通り、彼らの人柄っていうのがすごい音に出てるなっていう気がするんですよね。だからいつ会ってもあのままで、安心しちゃう。でもそれはいい意味でなんだよ、自分たちを持ってるっていうことだから。そういう意味ではこれからもGLAYはGLAYであり続けるんだろうし。解散とか、そういうネガティヴな言葉がいちばん浮かんでこないバンドだよね。それってすごいことじゃない?

──はい。僕らがガキの頃に描いていたロックバンドとは、いい意味でちょっと違うというか。透明感溢れるロックバンドっていう。とてもポジティブな意味で言ってるんですけど、いつもGLAYさんと一緒になるとそういう感想を抱くんですね。SUGIZOさんはいかがでしょう。

SUGIZO:1990年代の若いうちに音楽シーンを制覇した、本当にピュアなヤツらなんですけど、実は2000年代にものすごい苦悩や大変な時期も経験して、ドロドロだったんですよね。裏側にあるドロドロな部分とか身を削るような苦労を経て、今でもピュアであり続けるところが本当に美しい。1990年代のいわゆるロック少年だった頃の彼らが今、あの頃と同じ曲を演奏しても、彼らが持っている痛みとか傷が僕はわかるので。実は深さとか説得力が全然変わってきてる。だから、苦しみを経て、なおピュアであり続けようとするところに男気を感じるんですよね。本当にいいバンドだと思います。

◆インタビュー(2)へ