LUNA SEA主宰による史上最狂のロックフェス<LUNATIC FEST.>が2015年6月27日と28日の2日間、幕張メッセにて初開催を迎える。これは<LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL>終演後のスクリーンにて告知されたものであり、結成25周年の集大成といえるもの。出演バンドは全22組。先駆者でもある先輩バンドから、影響を公言する後輩バンド、そして同時代を駆け抜けてきた戦友バンドまで、ジャンルは異なれどSUGIZO曰く「同じ種族」によるバンドが狂宴を繰り広げる。

◆LUNA SEA 画像

LUNA SEAはフェス開催直前の6月15日から18日の4日間にわたり、InterFMにて特別番組『"LUNATIC FEST." SPECIAL !!』を放送した。全ラインナップの出演依頼経緯をはじめ、各バンドにまつわるLUNA SEAとのエピソードなどをメンバー自らが解説した同番組は、延べ4時間の熱い内容となった。BARKSは、その収録現場に密着。時間の都合でやむなくカットされた部分も含め、ここに完全版テキストをお届けする。その第四夜は、SUGIZO × Jが再び。

なお、BARKSは同番組収録後、SUGIZOおよびJのパーソナル取材を行なっている。フェス開催前夜となる明日26日は、そのインタビューを一挙公開する予定だ。

   ◆   ◆   ◆

■あの頃とまったく同じように、もしくはそれ以上に
■ロックを、音楽を、命張って追求している──SUGIZO

──フェス当日も近づいてきてますけども、準備のほうはいかがですか?

J:いや、準備っていうのはどこまでいっても準備でしかないんです。本番は本番。だからもう、万端です。

──先のことを考えてうだうだ言っていても仕方がないっていうことですね。最終日に取り上げるバンドは6月28日に出演するBUCK-TICK。1987年のメジャーデビュー以来不動のメンバーで、2015年にてデビュー28年を迎え、今なお進化を続ける日本ロックシーンの至宝です。このバンドともいろいろエピソードがありそうですが、まずは出会いは?

J:出会いというか、やっぱり全然先を突っ走っていたバンドなので、俺たちはそのバンドを見ていた世代でもありますよね。

SUGIZO:たぶん僕らが最も直接影響を受けたファンの世代だと思うんだよね。

J:俺が当時インパクトを受けた理由は、初めて肉体性を伴わない暴力的なバンドっていうか、表現として合ってるかどうかわからないですけど、確信的に音楽でアジテーションしているというかね。ホントにヤバい音を鳴らしてるバンド。それをいわゆるメジャーシーンの中でやってしまう確信的なものを持ってるバンド。わかります?

──わかります。僕もヤバいものを見たなっていう感覚がありましたから。

J:一聴する分にはポップソングとか、ロックバンドとして成立してしまうんですけど、その扉をどんどん開けていくと、バックグラウンドにはいわゆるダークなカルチャーをすごく内包していて。こんなバンドが日本に存在してたのか!みたいな衝撃でしたね。

──SUGIZOさんは直接影響を受けた世代だっておっしゃってましたけど、美学的なところも影響を受けてる?

SUGIZO:デカダンな、ダークな、陰鬱な、ああいうトーンを持ったアーティストが初めて日本でトップに立った。BUCK-TICKが初めてのダークでルナティックな日本のメジャーバンドだと思ってるんですよね。で、同時に僕の印象的にはもう変態音楽集団(一同笑)。あのアブノーマルさをポップソングの中へ見事に溶け込ませて、チャートのトップをとったり、東京ドームでやるっていうのは、日本のロックヒストリーの中で、ある意味“BUCK-TICK前”、“BUCK-TICK後”って分けてもいいぐらいの改革者だと思っている。10代後半に影響受けたんですけど。その大きさっていうのはいまだに金字塔ですね。不動のメンバーで約30年進化し続けているスタンスもすごくリスペクトしますし、やっぱりBUCK-TICKがいなかったら、今の日本の音楽シーンは全然違うものになっていたんだろうと思っていますね。

──なるほど。当然個々に交流もあったりすると思うんですけど?

J:そうですね。どこでも言われてることだと思うんですけど、とにかく以前はよく飲みましたね。LUNA SEAのセキュリティをされている方がBUCK-TICKのツアーにも同行してたんですけど、その話によると、ワンツアーで飲んだバーボンのボトルの数が、軽く200~300はいってるんじゃないかっていう。簡単に計算したらですけどね。これは盛ってないですよ(笑)。

──けっこう飲まれたんですか?

J:いや、俺たちはそんなには飲まないよね。

SUGIZO:たぶん、普段からアルコールを注入することが生活の一部なんでしょうね。

J:と言っても以前の話ですよ。

SUGIZO:櫻井さんはレコーディング中も飲んでいたからね。今はわからないですよ。そういう意味では、気合いは相当なものですよね。

──肝臓も相当なものですよね(笑)。

J:ですよね。普通に酒屋さんが1年間で仕入れるバーボンの数より多いと思いますよ(笑)。

──いや、間違いないですよね。僕、それ知ってたら店始めてました(笑)。お酒以外に他に何かエピソードはありますか?

J:<LSB>(94年開催。LUNA SEA、SOFT BALLET、BUCK-TICKによるイベントツアー)で一緒に廻ってましたね。

SUGIZO:やっぱりお酒の思い出がいちばん多いですね。メンバー5人がずっと一緒にいるんですよ。飲んでいるときも。うちじゃありえない、みたいなね(笑)。実はとても平和で、寡黙で。

J:そういう意味ではGLAYに近いかな。

SUGIZO:そうかもね。延々とあの関係が続くっていう感覚はそうかもしれないね。メンバーがとても仲いいし。僕はやっぱりギター弾きとして今井さんや星野さんと飲む機会が多いんですけど、現場でうわーって自己アピールしてるわけじゃないの。だけど、オーラがすごく強いから。

J:強いね。

SUGIZO:その存在感に自然と吸収されていっちゃうんだよね。

──それでいてラヴ&ピースなバンドっていう。

J:そうですね。実際<LUNATIC FEST.>をプランした時に絶対に出ていただきたかったバンドで。今回、LUNA SEAとして25周年ツアーで全国を廻ったんですけど、たまたまある土地で同じ会場でライヴをやる日があって。そのライヴの後に直接お願いしに行かせてもらいましたね。

──ふたつ返事で?

J:もう「ありがとう」って言ってくれて。

SUGIZO:その日のライヴおもしろかったね。会場がくっついてたので、お互い楽屋を行き来して、セイハローして、すごくいい感じでした。だからその土地はその夜、BUCK-TICKとLUNA SEAで黒く染まったんですよね。

──黒く染まったってカッコいいなぁ。

SUGIZO:それがすごかったみたいです。

──<LUNATIC FEST.>のステージでもまた。

J:BUCK-TICKと一緒にやるのは<LSB>以来ですからね。

──何年前になるんですか?

SUGIZO:21年前。1994年だからね。

──さすがSUGIZOさん、データがバンバン出てきますね。

SUGIZO:データバンクなので(一同笑)。

──21年ぶりの共演になるんですね。

SUGIZO:これは嬉しいね。

J:嬉しいですよ。

──では、お互いに変化したな、みたいなことは感じたりします? 成し遂げたというか。

SUGIZO:まあ、でも20代と40代ですからね。人生のすごく大きな差異はあるので、経験値じゃないですか。人間性も熟成されてきているだろうし。ただ、彼らもLUNA SEAも、あの頃とまったく同じように、もしくはそれ以上にロックを、音楽を、命張って追求していると思う。

──<LUNATIC FEST.>のBUCK-TICKの楽屋にはバーボンがばーっと並ぶんですかね。

J:どうなんですかね? まだそんな飲むんですかね? 聞いてみよう、今井さんに(笑)。

◆インタビュー(2)へ