2015年、活動8周年を迎えたAcid Black Cherryが、『4年に一度のABC Dream CUP』と題したフリーライブを名古屋、幕張、大阪にて開催した。当初は8万人招待を予定していたが、当日各所に設けられた一般開放のフリーエリアに集まったオーディエンスを含め、名古屋で2万5000人、幕張で4万人、大阪では3万5000人が集まり、合計10万人を動員。フリーライブとしての国内最多動員を記録した。

オフィシャルから届いたフリーライブのファイナル大阪公演のレポートを紹介しよう。

最終公演となった8月1日の大阪・舞洲でのライブは38度という猛暑に見舞われたが、最初のMCでは「Acid Black Cherry、『4年に一度のABC Dream CUP』、え~、大阪ファイナル始まりました! ほんまにキツイ日差しやね。でもね、俺ら以上にみんなキツイよね。みんなこんな遠いところまで、暑い中時間かけて来てくれたんやもんね。ほんまにありがとうね。暑くない? 暑いよね、大丈夫? 無理せんと、辛くなったら言ってな。」と、集まったファンたちを気遣ったトークを挟み、自身も余力を残すことなくそのすべてをライブにぶつけた。

この日は、2月にリリースしたニューアルバム『L -エル-』からポップでキュートな「7 colors」や、ABCらしい激しいロックチューンの「エストエム」、また2012年USENリクエストランキングで年間1位を獲得した「イエス」など歴代の楽曲と新曲を聴けた特別なセットリストで全17曲で会場を盛り上げた。

「どんなお金をかけた特効よりも、出来るだけ近くに行くことが1番の特効やと思うから──」


常からファンの立場に立ち、ファンの記憶に残るライブを作ってあげたいと願うyasuらしく、この日もライヴの終盤の「ピストル」では曲中にステージから降り、唄いながら後ろのブロックまでハイタッチしながら全力で駆け抜けた。

さらにアンコールでは、サポートメンバーとのアカペラから始まる、約3年ぶりのアコースティックver.でライブが行なわれ、「so…Good night.」と「その日がくるまで」を歌唱。「その日がくるまで」では、オーディエンスが主となる旋律を歌い、そこにyasuがハモる形で唄を乗せ、見事なハーモニーを聴かせた。

アコースティックVer.での歌唱後には「こういう時間にみんなと一緒におったことが大事やと思うからね。この先いつか、みんながこの曲を聴いたときに、2015年のこの夕日を思い出してくれたらいいなと思います。」と語った。

ABCは2015年でデビューから丸8年。今のABCがあるのは、こうして集まってくれるファンのおかげ。yasuは、このフリーライブを応援してくれるファンへの“還元”と考えている。

この日、yasuが全力で送った“ありがとう”は、しっかりとファンたちの胸に届いたに違いない。