時は、魔暦17年・西暦2015年8月15日土曜日、昼から夜に移り変わる逢魔時(おうまがとき)とも言われる夕暮れ時、午後5時30分過ぎ。所は、石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ、<RISING SUN ROCK FESTIVAL>EARTH TENTの会場。悪魔たちが再降臨し、聖飢魔IIのミサが執り行われた。聖飢魔IIの地球デビュー30周年記念・期間限定再結成、9月から始まるツアーに先がけての、記念すべき1本目のミサである。

◆聖飢魔II 画像


▲ルーク篁III世参謀


▲ジェイル大橋代官

聖飢魔II登場を知らせるSEがEARTH TENTに流れると、会場は揺れるがごとく、歓声にあふれた。そして、ルーク篁III世参謀(G)、ジェイル大橋代官(G)、ゼノン石川和尚(B)、ライデン湯澤殿下(Dr)ら、4名の構成員がステージに登場。「創世紀」の演奏の開始と同時に、黒装束の従者に引かれ、煙が漏れ出てくる不気味な棺桶が登場。デーモン閣下がその棺桶の蓋をはねのけ、両手をかかげ、威厳たっぷりに登場された。「聖飢魔II 復活!!」と、閣下が宣言。聖飢魔IIの期間限定の再結成を力強く世に知らしめたのである。


▲ゼノン石川和尚


▲ライデン湯澤殿下

イベントであるがゆえに、演奏時間も限られる。聖飢魔IIの魅力を詰め込んだミサである。激しくもあり印象深いリフが炸裂する「FIRE AFTER FIRE」、最も知られた曲の1曲である「蝋人形の館」と続けて演奏され、さらに聖飢魔IIの古式ゆかしき伝統芸とも言うべき、林檎のイニシエーションが「アダムの林檎」にて行われた。



▲EARTH TENTの外にまで溢れた信者・ファン・観客。

その音と閣下の声に吸い寄せられるように、EARTH TENTには続々と観客が吸い寄せられてきた。4000人を収容するというEARTH TENTだが、観客は収まりきらず入場規制が敷かれテント外に約10000人の観客にふくれあがった。1999年を持って本活動を終えた聖飢魔II。当時からの多くの信者・ファンはもちろん。本解散後に聖飢魔IIを知り、一度は見てみたいと恋い焦がれていた者も多い。閣下の会場への「初めてミサを観た者?」という問いかけに、半数近くの客が手を挙げ、歓声を上げた。聖飢魔IIは、すでに解散して15年にもなるバンドである。にもかかわらず、新しい信者・ファンが増え続けている。

この日のミサは信者・ファン、好奇心から寄ってきた観客まで、テント内外一体となり、拳を振り上げ、大きなうねりになっていった。


5年前。25周年の期間限定再結成においても、この<RISING SUN ROCK FESTIVAL>で海外ミサ後に、日本における最初のミサが行われた。その時も、聖飢魔IIの再集結を待ち望んでいた信者・ファンの熱気と、他のバンドのファンも聖飢魔IIの圧倒的パワーとパフォーマンスに熱狂、様々なノリが入りみだれた一種異様な熱気に包まれ、地を揺らすほどであった。数万人に及ぶ群衆が聖飢魔IIのミサステージに釘付けとなり、異様な光景でもあった。今回の再集結は、前回をもさらに上回る盛り上がりを見せてくれる。そんな確信ともなるミサであった。

地球デビュー30周年記念・期間限定再結成のミサツアー<聖飢魔II「全席死刑」TOUR>も9月17日(木)さいたま市文化センターより開始される。すでにほとんどのチケットがソールドアウト状態である。


余談ではあるが、圧巻のミサを行ない順調にスタートしたようではあるが、悪魔達の進撃を阻もうと、この日もゼウス(神)の妨害は起こった。聖飢魔II構成員が世を忍ぶ仮の姿で<RISING SUN ROCK FESTIVAL>会場へ向かう際、新千歳空港から札幌市内に向かう専用バスが妨害にあったのだ。新千歳空港から一路高速で札幌に向かったが、恵庭~北広島間で事故による通行止めとなった。挙句に恵庭で高速を降ろされるはめに。その事故、バスが恵庭にさしかかる直前に起こったもの。バスが高速を降ろされた10数分後には処理も終わっている。少し早くても、少し遅くてもほとんど影響のなかった、もっとも間の悪い事故との遭遇であったのだ。おかげで、準備はてんやわんや。なんとか間に合わせてのミサであった。


▲火を吹くデーモン閣下

聖飢魔IIは約半年間にわたり、様々なゼウスの妨害をはねのけながら、期間限定再集結の活動を行なっていく。BARKSでは今後も随時、聖飢魔IIの期間限定再集結情報を提供していく予定だ。

撮影・文◎山田晋也

■<RISING SUN ROCK FESTIVAL>
2015年8月15日@EARTH TENTミサ曲目
1.創世紀
2.FIRE AFTER FIRE
3.蝋人形の館
4.アダムの林檎
5.1999 SECRET OBJECT
6.BRAND NEW SONG
7.EL DORADO
8.JACK THE RIPPER

■<聖飢魔II「全席死刑」TOUR>

2015年09月17日(木) さいたま市文化センター大ホール
2015年09月26日(土) 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール
2015年09月27日(日) 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール
2015年10月03日(土) 広島文化学園HBGホール
2015年10月10日(土) 仙台サンプラザホール
2015年10月12日(月) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2015年10月19日(月) 東京国際フォーラム ホールA
2015年10月25日(日) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2015年10月31日(土) 静岡市民文化会館大ホール
2015年11月08日(日) 福岡サンパレスホテル&ホール
参拝券(チケット):¥8,500(指定・税込)
一般発売日:7月25日(土)
※未就学児童入場不可(ご入場されるお客様すべてに参拝券が必要)

■<聖飢魔II「続・全席死刑」TOUR>

2015年11月26日(木) 川口リリア メインホール
2015年12月02日(水) 新潟テルサ
2015年12月07日(月) 東京国際フォーラム ホールA
2015年12月12日(土) わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2015年12月19日(土) 仙台サンプラザホール
2015年12月26日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール
2016年01月09日(土) 名古屋国際会議場センチュリーホール
2016年01月11日(月) 広島文化学園HBGホール
2016年01月20日(水) 大阪・オリックス劇場
2016年01月21日(木) 大阪・オリックス劇場
参拝券(チケット):¥8,500(指定・税込)
一般発売日:9月26日(土)
※未就学児童入場不可(ご入場されるお客様すべてに参拝券が必要) 

■オール・タイムズ極悪集大成教典
『XXX -THE ULTIMATE WORST-』

2015年8月26日発布
BVCL-30027~9(CD3枚組) ¥4,000(税込)
■DISC1
01.聖飢魔II ミサ曲 第II番「創世紀」(BL Ver.)
02.地獄の皇太子(BL Ver.)
03.悪魔組曲 作品666番 変ニ短調(BL Ver.)
序曲:心の叫び
第一楽章:STORMY NIGHT
第二楽章:悪魔の穴
第三楽章:KILL THE KING GHIDRAH
第四楽章:DEAD SYMPHONY
04.THE END OF THE CENTURY(W Ver.)
05.蝋人形の館(combined Ver.)
06.JACK THE RIPPER(Expo. Ver.)
07.FIRE AFTER FIRE(Expo. Ver.)
08.ADAM'S APPLE(アダムの林檎)(Expo. Ver.)
09.秘密の花園 (Live Black Mass Ver.)
10.APHRODITE (Live Black Mass Ver.)
11.EL.DORADO (BL Ver.)
12.BIGTIME CHANGES(W Ver.)
13.ANGEL SMILE
14.1999 SECRET OBJECT(BL Ver.)
15.STAINLESS NIGHT(W Ver.)
16.白い奇蹟(W Ver.)
■DISC 2
01.Overture~WINNER!(BL Ver.)
02.RATSBANE(W Ver.)
03.BAD AGAIN -美しき反逆-(BL Ver.)
04.有害ロック
05.ファラオのように
06.精神の黒幕 -LIBIDO-
07.赤い玉の伝説 –type α-
08.正義のために(小教典Ver.)
09.BREAKDOWN INNOCENCE
10.満月の夜(大教典Ver.)
11.世界一のくちづけを
12.TEENAGE DREAM
13.闘う日本人(大教典Ver.)
14.野獣(大教典Ver.)
15.KIMIGAYOは千代に八千代の物語
■DISC3
01.GREAT DEVOTION
02.HOLY BLOOD -闘いの血統-
03.悪魔のメリークリスマス(完結編)
04.SAVE YOUR SOUL -美しきクリシェに背をむけて-
05.虚空の迷宮 -type α-
06.BRAND NEW SONG
07.MASQUERADE
08.サクラちってサクラ咲いて
09.空の雫
10.20世紀狂詩曲(小教典Ver.)
11.REVOLUTION HAS COME
12.GO AHEAD!(Live Black Mass Ver.)
13.PANDEMIC CARRIERS
14.BABIES IN THEIR DREAMS
15.真昼の月 -MOON AT MID DAY-(プロトタイプ)※未発表バージョン