<ポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)>出場アーティストが出演するイベント<僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~>が2016年春に開催されることが決まった。

◆<僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~>出演者 画像

1969年、アマチュアのための作曲コンクールとして合歓の郷で始まった<ポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)>。同コンテストから、中島みゆき、八神純子、渡辺真知子、世良公則、あみん、長渕剛、チャゲ&飛鳥(CHAGE and ASKA)などなど、数え切れないほどの実力派アーティストが羽ばたいていったのはいまさら語るまでもない。そんなポプコン公認イベントとして行なわれる<僕らのポプコンエイジ>には、ポプコンを代表するアーティストたちが出演、あの頃の名曲たちを披露する。

開催日程は、4月29日が府中の森芸術劇場・どりーむホール、5月14日が市川市文化会館(大ホール)、5月21日がさいたま市文化センター(大ホール)。会場ごとに出演アーティストは異なるが、注目すべきは初日の府中の森芸術劇場・どりーむホール公演。本公演では、なんと石川優子が1990年7月の引退後、25年ぶりのステージを披露。さらに、この日の出演者の中にはChageの名前もアナウンスされている。石川優子とチャゲ、といえば、発表から30年以上過ぎてもなお愛され続ける日本の夏の定番デュエットソング「ふたりの愛ランド」。このオリジナルを2016年のステージで聴くことができるであろうことは間違いない。もっとも、Chageファンにしてみれば、同イベントで「夏は過ぎて」が歌われるのかにも何気に注目したいところではある(「夏は過ぎて」とは、1978年の第15回ポプコン福岡大会において、長渕剛の「巡恋歌」とともにChageがグランプリを獲得した楽曲)。

「ヤマハの担当者からお誘いがあり、その懐かしい響きに胸が高鳴りました。ただ、25年ぶりのステージに大きな不安もあり、迷いに迷ったのですが、全ての懐かしい皆さんにお会いしたくて参加させて頂くことにしました。会場の皆さんとの特別なひと時を心から楽しみにしています。」── 石川優子

「人は誰でも「原点回帰」でもある自分を探し求めたがるものだと思う。 ましてやそれが自分の音楽だとするならば、まさに今回の「僕らのポプコンエイジ」のお誘いは、Chageが生まれた場所にストンと着地するかのような心地よさを覚えます。帰れる場所、戻れる場所があることに感謝します。 あのポプコンならではの雰囲気の中で皆さまと共に、迷いなく「ただいま~」って言いたいですね。」── Chage

そのほか、5月14日公演では、岩崎宏美や普天間かおり、上原多香子らにカバーされた伝説の名曲「白いページの中に」が、オリジナルの柴田まゆみの歌声でよみがえる。また、5月21日の公演には小坂明子が出演。当時16歳だった彼女がピアノ弾き語りで歌い、またたく間に200万枚に迫るセールスを記録した「あなた」が披露されることになる。

<僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~>詳細

2016年
4月29日(金・祝) 府中の森芸術劇場・どりーむホール 
開場:16:00 開演:17:00
出演者:相曽晴日、石川優子、下成佐登子、スリーハンサムズ(細坪基佳:元ふきのとう、中村貴之:NSP、平賀和人:NSP)、三浦和人(元雅夢)、渡辺真知子、Chage (五十音順)

5月14日(土) 市川市文化会館(大ホール) 
開場:16:00 開演:17:00
出演者:相曽晴日、柴田まゆみ、杉山清貴、鈴木康博、スリーハンサムズ(細坪基佳:元ふきのとう、中村貴之:NSP、平賀和人:NSP)、谷山浩子、三浦和人(元雅夢)、渡辺真知子 (五十音順)

5月21日(土) さいたま市文化センター(大ホール) 
開場:16:00 開演:17:00
出演者:相曽晴日、辛島美登里、小坂明子、鈴木康博、スリーハンサムズ(細坪基佳:元ふきのとう、中村貴之:NSP、平賀和人:NSP)、谷山浩子、三浦和人(元雅夢) (五十音順)

主催 僕らのポプコンエイジ事務局
後援 TOKYO MX、ニッポン放送
企画・制作 株式会社ヤマハミュージックパブリッシング、株式会社エピキュラス
協賛 ヤマハ株式会社
入場料 6,800円 / 当日7,300円 全席指定、税込
チケット販売 2015.9.25~各アーティストサイトにて先行販売開始
公式サイト 僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~