10月3日23時30分からのNHK『SONGS』には、つんく♂が登場する。つんく♂にとって、これが声を失って以来、初めての音楽番組出演となる。

2015年4月、つんく♂は、母校・近畿大学の入学式にて、喉頭がん手術で声帯を摘出していたことを自ら公表。日本列島に大きな衝撃が走った。しかしあれから5カ月が経った今、つんく♂は、精力的に音楽活動を再開している。

『SONGS』では、つんく♂の呼びかけにより、3人のアーティストが集合した。

長瀬智也(TOKIO)が歌うのは、2001年つんく♂が、長瀬(桜庭裕一郎名義でのリリース)に提供した「ひとりぼっちのハブラシ」。つんく♂はギターで演奏に参加する。



今回、つんく♂は、「子守歌」を初めてプロデュースした。自身の子どもとのエピソードがヒントになり、タイトルがついた曲「うまれてきてくれてありがとう」を、クミコが披露する。



さらに現在、クリス・ハートへの楽曲提供にむけて作詞をすすめているつんく♂。今回、クリス・ハートは、つんく♂たっての願いで、シャ乱Qの大ヒット曲「ズルい女」を、つんく♂自身がプロデュースした新しいアレンジでカバーする。


そして番組では、つんく♂がパソコンを使った筆談インタビューにも応じている。病気が発覚した時の心境。支えてくれた妻や子供への思い。そして、今だからこそ感じている音楽への向きあい方など、赤裸々に語る。

「一番大事にしてきた声を捨て、生きる道を選んだ」つんく♂が、「こんな私だからできること。こんな私にしか出来ないこと。」を探し始めた。番組では、そんな彼の今の姿を伝える。