スガ シカオのニューアルバム『THE LAST』が、2016年1月20日に発売されることが明らかになった。前作『FUNKASTiC』以来、実に6年ぶりのオリジナルアルバムとなる。

前作から、今作に至る間で、スガ シカオをとりまく状況は激変した。2011年に前事務所からの独立を発表。一人の表現者に立ち返ること、そして自らの信念や理想を誠実に追求することを考え、インディーズに活動の場を移した。また独立してからは、アーティスト活動のみならず、マネージャー業も兼任。2012年には一人になってからの不安、重圧が続き、右耳の突発性難聴を発症し、病とも闘いながら音楽活動を行なってきた。そんな状況の中で、スガは自己、時代、個々と向き合いながら、メジャー、インディーズに捉われない“新たなフィールド”を求めて多くの新曲を生み続けた。

2015年初頭より小林武史との共同プロデュースで始まったレコーディングは、最終作業段階に入っている。2014年、スガはメジャー復帰シングル「アストライド」で独立時の微かな希望を歌った。そんな「アストライド」の世界観をベースに構築されたニューアルバムには、「アストライド」の序章、つまり前進しようとする決意に至るまでを綴った、“プレアストライド”とも言える楽曲「ふるえる手」を筆頭に、グルービィなナンバーから心震わすバラードまで、“日常の闇”から“恋愛”まで多岐にわたった全11曲を収録する予定だ。そしてこの作品をもって、スガは再び前に向かうため、生まれ変わる。

なお、アルバム特設サイト(http://www.jvcmusic.co.jp/sugashikao/)では「ふるえる手」の歌詞と『THE LAST』予告映像も公開。ニューアルバムの片鱗を知ることができる。

そして、ニューアルバムリリースを前に、『THE LAST』の生ライブ試聴会を含むワンマンライブツアー<SUGA SHIKAO LIVE TOUR 2015 『THE LAST』>が東京、大阪、福岡で開催されることが決定した。東京、大阪は2DAYSとなっており、DAY1は“生ライブ試聴会&ACOUSTIC NIGHT”、DAY2は“生ライブ試聴会&FUNK PARTY”とサブタイトルがついており、それぞれ演出が異なる2公演となっている。

さらに10月14日21時頃より新宿ステーションスクエアでは巨大広告が出現。また10月19日にはニコニコ生放送で『スガ シカオのやるしかねーだろ!?~公式枠~ニューアルバム「THE LAST」発表記念スペシャル』が放送決定。スガより制作中のニューアルバムについての近況報告も予定されている。


スガ シカオ コメント

J-POPになる前のスガ シカオ。
この2度目のメジャーデビューアルバムは、そんなアルバムです。
FUNKでもなく、ROCKでもなく、剥き出しのスガ シカオそのものなんです。
1度目もそうだったけど、デビューの前だけに存在する、瞬間で消えてしまう閃光のようなキラメキと衝撃。
この真空パッケージを、たくさんの人に体感してほしい。

小林武史 コメント

いままでは少し遠くから彼を見ていた僕ですが、彼オリジナルのヤバくて気持ちよい感じ(これは本当に言い方に困りますが)には、気づいていました。
ですが、わりと如才無い風な立て付けもあったように感じていたので、それを取っ払ったらどうだろうかと思っていました。
幾つかのやり取りをした後、僕に見えてきたのは、幾つもの「マルコビッチの穴」のような、深いところに通じる管のようなものでした。
新型のアミューズメントツールかもしれないし、ぜひ体験してみてほしいと思います。