安室奈美恵とバーチャルシンガー・初音ミクとのコラボレーション楽曲「B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU」のミュージックビデオが公開された。

最新アルバム『_genic』に収録されることで初の共演を果たした安室奈美恵と初音ミク。所属レコード会社によると「コラボ楽曲を発表した際に、声だけではなく“ふたりが共演している姿”を見たいという要望の声が多く寄せられ、それに応える形でミュージックビデオの制作に至った」そうである。


MVは全編フルCGで制作。リアルでは見ることのできない“安室奈美恵と初音ミクの共演”が実現した作品となっている。

さらに、今回制作されたのはミュージックビデオだけではない。そもそもすべての映像はCGで制作されているため、撮影オフショットのようなものは存在しない。ところが、この本来存在しないはずのMVメイキングムービーもフルCGで制作してしまっている。まさに安室奈美恵が完全にバーチャルの世界に飛び込むという、次元を超えたコラボレーション作品となった(このメイキングムービーは、NYLON TVで公開中)。

MVのコンセプトはNEO TOKYO。3Dモデルと作画(2D)の安室&初音がシームレスに行き来する、フルCG映像ならではの手法を入れたショートストーリー仕立ての内容だ。

舞台は、「URBAN」「GAME」「FASHION」、そしてコンセプトである「NEO TOKYO」の4シーンで構成されており、シューティングゲームで盛り上がるシーンやクラブイベントでダンス・パフォーマンスを披露するシーンなど、様々なシチュエーションでふたりの共演を観ることができる。


また、楽曲「B Who I Want 2 B feat. HATSUNE MIKU」は、Diploと共にマドンナを共同プロデュースし、自身の作品も主要音楽メディアから軒並み高い評価を得ている大注目のUKアーティスト“SOPHIE”によるプロデュースが実現したフューチャー・ポップということで、MV中には、“SOPHIE”の文字を型どったテキストオブジェも登場する。

そして、このふたりは『NYLON JAPAN 11月号』Web通販限定版の表紙を飾っている。同Web通販限定版では、90's HIP-HOPをテーマにしたMVとは異なるスタイリングで表紙に登場し、中ページではファッションシューティングも展開している。さらに『DTMマガジン』でも、同様にふたりが表紙を飾っているとのこと。

また、安室の3Dモデル(全4ポーズ)と記念撮影できるアプリ「namie amuro 3D camera」も好評配信中。カメラ画面で3Dモデルを360度回転させながら、お好みのアングルで安室奈美恵と記念撮影できるという。



安室奈美恵は、現在全国15カ所44公演の全国ツアー<namie amuro LIVEGENIC 2015-2016>の真っ最中。約3年ぶりとなるアジアツアーも決定している。さらにオフィシャルサイトのほうでは、“安室奈美恵とのコラボレーションを見てみたいアーティスト”投票も行なわれている(投票期間:10月1日~12月31日まで)。


LINE MUSIC プレイリスト