2013年夏に始まった<NHKいじめを考えるキャンペーン>が、いじめをなくしたい気持ちをさらに広げていくために、ふたつの新プロジェクトをスタートさせる。

今回「いじめを減らしたい!」という“空気”がもっと広がるためのキャンペーンソングを制作。その歌詞を広く一般より募集する。集まった歌詞の中からAKB48・高橋みなみがことばを選び、さらに自身のことばも付け加えながら、1曲の歌を作り上げる。キャンペーンサイトでは、歌詞をつけるための楽曲が公開されている。

完成したキャンペーンソングは、2016年の春ごろに発表予定。さらに歌詞募集と同時に、それぞれが作った歌を歌っている動画も募集されている(歌詞の応募締め切りは2015年12月31日23:59まで)。

また、10月10日に放送された『いじめをノックアウトスペシャル第6弾』では、中高生と高橋が「LINEのトーク上での悪口を防ぐために、やりとりを見ている人たちができることは何か?」を討論。「いじめを注意はできなくても、スタンプで場をなごませて“空気を変える”ことはできるかもしれない」と意見が一致した。

そこで悪口などのトラブルを防止するLINEの“おたすけスタンプ”のアイデアを大募集。選考のうえ、教育の専門家などからアドバイスとともに、プロのイラストレーターがイラスト化。LINE株式会社より「おたすけスタンプ(仮)」として2016年春ごろから無料で配信される予定となっている。