ティアックは、Reference 301シリーズのCDプレーヤー/FMチューナー「PD-301」を12月上旬より発売する。

「PD-301」はコンパクトなスロットイン式のCDプレーヤー。ワイドFM(FM補完放送)対応のチューナーとUSBメモリーの再生が可能なUSBポートを搭載しているのが特徴だ。カラーはシルバーとブラックを用意する。

CDプレーヤーの心臓部CDドライブには業務用機でも採用実績のあるスロットイン式CDドライブメカニズムを搭載。シンプルで高品位なCDプレーヤーとしてだけでなく、同軸/光各1系統のデジタル出力により、D/Aコンバーターと組み合わせてCDトランスポートとしての使用することもできる。

内蔵のFMチューナーはAMラジオの番組をFM放送の周波数で放送するワイドFM(FM補完放送)にも対応しており、ビルやマンションなどAM放送の聴取が困難な場所でもクリアな音質でAMラジオの番組を楽しめる。

USBメモリーの再生はフロントのUSB端子に接続して行う。WAV、AAC、MP3、WMAファイルの再生が可能だ。このほか、CD-Rディスクに記録したMP3、WMAファイルの再生も行える。CDやUSBメモリーから読み込まれたデジタルオーディオ信号をアナログ変換するD/Aコンバーターに採用されているのは、定評のあるTI製D/AコンバーターBurrBrown PCM5142だ。

また、Reference 301シリーズのプリメインアンプAI-301DAと組み合わせることで、「PD-301」でのCD再生やFMラジオのリスニングに加えて、AI-301DAに搭載されたUSB DACを使用したパソコンからの192kHz/24bitまでのハイレゾ音源再生や、aptX対応Bluetoothによるスマートホンやタブレットからの高音質なワイヤレス再生まで楽しむことができる、コンパクトなデスクトップオーディオ・システムとして使用可能だ(Bluetooth、USB DACはAI-301DAに搭載された機能)。

ボディの該像部品にはアルミ製パネルを採用。フルメタルシャーシによる堅牢な筐体は制振性に優れ、振動による音質への影響を最小限に抑える。Reference 301シリーズはデスクトップにも置けるコンパクトな高性能オーディオというコンセプトを追求。横幅215mmに凝縮されたボディにより、より自由度の高い設置を可能にしている。本体サイズは 215 (W)×61(H)×232(D) mm (突起部含む) 、重量は2.1kg。


▲Reference 301シリーズのUSB DAC/ステレオプリメインアンプAI-301DA、同軸2ウェイスピーカーLS-301-SPとの組み合わせ例。非常にコンパクトなシステムが構築できる。

製品情報

◆PD-301
カラーバリエーション:PD-301-S(Silver)、PD-301-B(Black)
価格:オープン
発売日:2015年12月上旬