12月17日の昼と夜の2回にわたって開催された、globeの小室哲哉がファンからの質問に直接答える「 #ASKglobe 」企画。制作の裏側や作品にまつわるエピソード、個人的な話などなどが小室から語られて、昼の段階で「 #ASKglobe 」のハッシュタグがTwitterのトレンド入りしていた。そして同日20時から行なわれた夜の部でも、昼以上に様々な質問と回答が飛び交い、再度トレンド入りする大きな盛り上がりを見せていた。

「もしも、音楽が無ければ何をしていましたか?」という質問から始まった夜の部。小室は「さすがに考えにくい。映像関係かな、、、演出とかね。」と回答する。最近だと<TM NETWORK 30th FINAL>でも本人が撮影した写真や動画が演出に使われていたが、ライブではそのコンセプトから始まり、演出も手掛ける小室らしい答えを見せる。さらに、1年間で制作した楽曲の最多記録は90曲であることなどが語られた(作詞作曲アレンジまで含めてほぼ4日で1曲完成のペース)。

そして、globeの裏側を明かす場面も。「♪前髪がのびたね♪の、伸びたはどれくらいの長さをイメージしてましたか?」と「DEPARTURES」の歌詞について訊かれると「貞子ぐらいです」とジョークで返す。一方で、「wanna Be A Dreammakerに出てくる「ずっと憧れてたあの十字路」があるのは東京でしょうか?それとも海外でしょうか?」には「映画「クロスロード」の十字路です」と、「SaYoNaRaに歌詞に出てくるポスターに映る憧れのあの人で想定してた方はいますか?」には「イメージはブラッド・ピットのような感じです」と、具体的な名前を出したり、「FACE」の歌詞「鏡にうつったあなたと2人は鏡にうつった自分のことですか?」に「そうですね。WOW WAR TONIGHTに近いものがあります。」とコメントしたり。さらにライブでKEIKOがタバコを吸うシーンをどうしてもつくりたかったところから「Anytime smokin' cigarette」が生まれたという演出ありきの楽曲だったというところまで明かす。

そして「globeのお三方をコードで表現するなら?」という質問に、「KEIKOはEメジャー、僕はCadd9th、マークはAm7」と答えていた。

リリースされたばかりの『 #globe20th -SPECIAL COVER BEST-』に関連して、「いまコラボするなら誰としたいですか?」という問いには「V2をHYDEとYOSHIKIとやりたい」と、小室哲哉とYOSHIKIが過去に結成していたスーパーグループ“V2”の名前を。さらに「もし、HYDEさんに他の曲もお願いするなら何を依頼しますか?」という質問に「背徳の瞳、かな?」とV2唯一のシングル曲を答えるなど、V2にHYDEを加えた形は小室自身も見てみたい様子だ。

また、ファンからは小室のプライベートにも質問が寄せられる。「ファッションでいま気になっているアイテムは?」に小室は「いまはほとんどサンローランですね。なぜなら音楽をコンセプトとしているので」というこだわりを見せたり、「睡眠時間は1日何時間ですか?」という質問に「3~4時間ぐらいですかね」と、ナポレオンやエジソンのようなショートスリーパーであることを明かす。「先生は(新宿)二丁目に来られたことはありますか?」という質問には「玉置浩二さんと1回行きました」と話し、「先生の今年を漢字一字で表すとなんですか?」には「想」と一言。「銀星団っていう覆面バンドに参加していたって噂、ホントですか?」という質問には「山本恭司さんとともに、僕はキーボードでした。」と事実であると認めたり、世界的に盛り上がっている映画『スター・ウォーズ』に関連して、「時が来たので #StarWars で好きなキャラクターを教えてください」という問いかけに「なんだかんだでダースベイダーが切ないですね」と、実に多種多様な質問をざっくばらんに答えていた。

さらに、マーク・パンサーや浅倉大介、三代目パークマンサーらもツイートで参加したり、T.M.Revolutionの西川貴教なども反応を見せるなど、各所で大盛り上がりの「 #ASKglobe 」企画だった。