数々のヒット曲を創出し続けるプロデューサー集団agehaspringsが主催・企画・制作を行う初開催のイベント<Tokyo Sound Collection Fes.>が、12月22日代官山UNITで開催され、初開催ながら大盛況のうちに終了した。

agehaspringsがトータル・プロデュースを手掛けるガールポップ・デュオFaint★Starが当イベントのホスト役を務め、あゆみくりかまき、DJダイノジ、夢みるアドレセンスと、全4組の今勢いのある多彩なアーティストが出演を果たした。オープンから会場は足取りの早いオーディエンスで溢れ、DJダイノジからTSC Fes.はスタート。定番のJET「Are You Gonna Be My Girl」での大地のパフォーマンスで一気に会場が沸くと、アンジュルム「大器晩成」、AKINO「創聖のアクエリオン」、tofubeats「ディスコの神様 feat.藤井隆」、Shiggy Jr.「LISTEN TO THE MUSIC」、UNISON SQUARE GARDEN「シュガーソングとビターステップ」などをはじめとするバラエティーに富んだキラーチューンを次々にドロップし、約25分のステージを一気に駆け抜けた。大谷の熱いMCと相まって、笑えて泣けて熱い、音楽愛溢れるパフォーマンスが繰り広げられた。



▲DJダイノジ

2組目は夢みるアドレセンスだ。「ステルス部会25:00」「マワルセカイ」「Bye Bye My Days 」など彼女たちのアッパーな曲を中心にオーディエンスを盛り上げ、1月20日にリリースする3rd Single「舞ジェネ」も披露された。作詞・作曲をOKAMOTO'Sのボーカル・オカモトショウ、編曲&サウンドプロデュースをagehaspringsが手がけ、レコーディングにはOKAMOTO'Sのメンバー全員が参加したこの豪華新曲のもとステージが終了。



▲夢みるアドレセンス

続いて、ライブでお馴染みの「またぎインダハウス」のSEにあわせ、サンタのコスチュームに身を包んだあゆみくりかまきが登場。「ジェットクマスター」「蜜蜜蜜」「鮭鮭鮭」と踊れるロックナンバーで会場を多いに盛り上げた。盛り上げ役のまきがフロアに降り、「森のくまさん」で和やかなサークルモッシュが起きるとフロアはさらなる一体感を生み、続く「KILLLA TUNE」「自分革命」とラストまで圧巻のパフォーマンスで観客を魅了した。


▲あゆみくりかまき

TSC Fes.のラストを締めくくるホスト役のFaint★Starは、この日初披露となるSE、衣装に身を包み幻想的なVJのもと登場。「メナイ」「DESTRUCTION」「ス ラ イ」と、彼女たちの代表的なEDM系の楽曲を中心に、重厚なサウンドと激しい映像演出に照明の中でクールなヴォ―ギングパフォーマンスで魅せるHINAとYURIA。それとは対照的に、MCではお馴染みの2人の漫談が炸裂した。ラストは4月5日にリリースされる新曲「ネヴァエバ」(映画『ドクムシ』主題歌)を初披露し、観客によるスマホでのムービー撮影がこの日限りOKとなり、フロアからは熱いまなざしと無数の画面が向けられていた。



▲Faint★Star

初開催の<Tokyo Sound Collection Fes.>は4組のバラエティーに富んだ多彩なアーティストによって大盛況のうちに幕を閉じたが、今後もこのイベントは規模を拡大し開催していく予定だという。Faint★Starのライブパートに関しては、1月下旬に公開予定となっている。

撮影:雨宮透貴

<Tokyo Sound Collection Fes.>

夢みるアドレセンス
1.ステレス部会25:00
2.Bye Bye My Days
3.秘密
4.マワルセカイ
5.舞いジェネ!
あゆみくりかまき
1.ジェットクマスター
2.蜜蜜蜜
3.鮭鮭鮭
4.森のくまさん
5.KILLLA TUNE
6.自分革命
Faint★Star
1.メナイ
2.DESTRUCTION
3.ス ラ イ
4.white
5.ネヴァエバ

◆Faint★Starオフィシャルサイト