2015年末は、【2015年をニュースで振り返る】BARKSニュース特集として2015年の音楽事情をたっぷりと振り返ってみた(www.barks.jp/keywords/2015news_top10.html)けれど、2016年も様々なアーティストが驚きと感動とともに、たくさんのドラマを見せてくれることだろう。

未来のことは予測できないけれど、音楽業界に吹く風向きに注意を払ってみれば、2016年に注目しておきたいムーブメントや着目すべき音楽シーンのポイントが見えてくるかもしれない。そんな思いをもとに「【新春企画】2016年を占う 最新音楽事情」をBARKSからお届けしてみよう。

今回は「2016年注目したいガールズアーティスト10選」だ。というか女性ボーカリストを擁するバンド、あるいは女性ソロから、まずは注目して欲しいアーティストを独断と偏見で並べ立ててみたラインアップが下記だ。

1.Caramel
2.Chelsy
3.BAND-MAID(R)
4.GIRLFRIEND
5.Rei
6.かもしれん
7.山彩音
8.東木瞳
9.tokage
10.キサキエミ
11.虎の子ラミー
12.リアル3区
13.コレサワ
14.野田愛実

タイトルに「ガールズバンド10選」といいながら14アーティストだったりするし、新人とそれなりのキャリアのアーティストが混在していたりするし、そもそもこの数字は便宜上番号をつけただけで順位でもないのだけれど、要はすべて、2016年に注目いただきたい私のおススメアーティストなのであります。

ここ近年、ことガールズバンドの動きが熱いわけで、メタル系女子にも大好きなバンドがたくさんいるけれど、ここに挙げたのはとにかく曲が良くてボーカルが良くて伸び代が大きいアーティスト群だ。1.Caramel(キャラメル)は、「絶対妹宣言」をキャッチフレーズにライブ三昧の日々を過ごす3ピースバンドで、平均身長149cmというちびっこ達だけど、ここ1年で鍛えられたステージ力の成長ぶりがハンパない。眼力や気合もさることながらステージから放つ音の説得力と破壊力は、ちっこい身体の女子トリオとは思えないもの。前回観たライブではとにかくモモのドラミングがすごかった。ぶっとく重たく安定したビートはTOKIO HOTELのグスタフを思い起こすものだったなー。とにかくオーディエンスに伝えようとする想いの強さが、聴いている者の心をがっつりとつかむ。


▲Caramel

他にもガールズバンドとして注目して欲しいのが、2.Chelsy(チェルシー)、3.BAND-MAID(R)(バンドメイド)、4.GIRLFRIEND(ガールフレンド)、11.虎の子ラミー、12.リアル3区。Chelsyは、そもそも2014年春にはデビューしているので今更なのだけど、演奏力と楽曲の良さがぐいぐいと上昇中、その個人的期待値は振り切れんばかりということで、ここに挙げさせていただいた次第。彼女たちも演奏力は抜群…もう痺れちゃう。


▲Chelsy

バンド結成時から好きで目が離せなかったのがBAND-MAID(R)。ライブをお給仕と呼びメイドをコンセプトに持つ「アイドルとロックバンドのハイブリッド」的な立ち位置なのだけど、純アイドルっぽさを唯一キープしているのはギター/ボーカルの小鳩ミクくらいで、時を重ねるたびにどんどん骨太なバンド色が色濃くなってきている。ボーカル彩姫のツンデレぶりが最高のスパイスで、とにかくCDの完成度がバリ高い。ライブでのMISAのうねるようなベース、最高です。


▲BAND-MAID(R)

GIRLFRIENDは、現役中学生のかわいいガールズバンドだけど、ステージに立つとカッコよくなる4人組。今後のガールズバンドの行方を占うには、GIRLFRIENDの存在は無視できないところ。これからの数年、要チェックね。


▲GIRLFRIEND

シンガーソングライター系の女性アーティストにも注目株はたくさん。ソロの人、バンド形態の人…色々だけど、5.Reiの存在は異色にしてかなり衝撃。キャッチーさとキュートさで染色された縦糸と泥臭くひねくれたロックセンスでできた横糸で、生々しいギターサウンドを縫い上げたブルーズサウンドだ。こういうアーティスト、10年に1度くらいのタイミングで出てくるよね。


▲Rei

かもしれんの歌も好き、山崎彩音にも期待したいし、虎の子ラミー、リアル3区、野田愛実もこれからが楽しみ。コレサワも異彩を放つ才能豊かなアーティストだけど、その天賦の才が女子の可愛らしさ一点に向かっているところが素晴らしいと思う。

東木瞳やキサキエミ、tokageもライブハウスシーンで奮闘している、歌もパフォーマンスも素晴らしいアーティストたち。是非ともご注目を。

BARKS編集長 烏丸哲也

◆【新春企画】2016年を占う 最新音楽事情