Da-iCEが、1月6日に2ndアルバム『EVERY SEASON』のリリースを記念して、ラゾーナ川崎にてミニライブを開催。サプライズゲストとして、アルバム内でコラボしているSKY-HI(AAA 日高光啓)も登場した。

オフィシャルから届いたレポートでこの模様をお伝えしよう。

会場いっぱいに詰めかけたファンが見守る中、上記アルバム「EVERY SEASON」より「Up to the Stars」や「Back To The Future」、そしてDa-iCEの代表曲である「エビバディ」を続けて披露。寒かった会場は一気に熱気を帯びた。



その後のMCで、事前にTwitterで告知していたスペシャルゲストが“スケジュールの都合上、来ることができなくなった”とボーカルの花村想太がファンに謝罪。ファンも残念ではあるが、仕方ないと気持ちを整理して最後の曲に行こうとした瞬間、SKY-HI(AAA・日高光啓)がサプライズ登場し、「EVERY SEASON」に収録されている「SUPER FICTION casts SKY-HI」をいきなり初パフォーマンス。この“スペシャルゲストが来られなくなった”という話こそが“SUPER FICTION”だったのだ。会場にはこの日一番の歓声があがり、Da-iCEとSKY-HIのパフォーマンスで一気に会場のファンを魅了した。なお、Da-iCEは結成当初、SKY-HIが所属するAAAの全国アリーナツアーのオープニングアクトを務めていた事もあり、ファンにとっても今回のコラボは待望だった。


その後、SKY-HIからDa-iCEの5人にお年玉が渡されたのだが、最後に、謎の白い紙が渡された。そこには、「EVERY SEASON」が1月5日付け、オリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得した事が書かれていた。それを聞いたメンバーは予想外の事態に飛び上がり、号泣した。Da-iCEにとって同ランキングで初登場1位を獲得するのは今回が初となる。

イベント最後には2ndアルバムのタイトル曲「EVERY SEASON」を歌い上げ、会場にいるファンは涙を流してイベントが終了した。