ヤマハは、SEKAI NO OWARIのボーカリストであるFukaseの声をもとに開発した「VOCALOID4」用歌声ライブラリ「VOCALOID4 Library Fukase」を発売する。パッケージ版は1月下旬より発売、ダウンロード版は「VOCALOID」公式オンラインストア「VOCALOID SHOP」で1月28日より発売する。

2015年8月に開発中であることが発表され、同時にキャラクターデザインコンテストが開催されるなど、話題を集めたFukaseのライブラリがいよいよ発売となる。2種類の日本語ライブラリ(NormalとSoft)と英語ライブラリの全3種類のライブラリ構成で、日本語でも英語でも伸びやかで透明感のある「Fukase」の歌声を忠実に再現可能。クロスシンセシス機能を使って2種類の日本語ライブラリをブレンドすれば、より多彩なボーカル表現ができるので、うれしいライブラリ構成といえるだろう。3ライブラリとも推奨音域はF2~A3、推奨テンポは80~160BPM。

Fukaseのボーカルの特徴ともいえるロボットボイスのようなエフェクトを歌声に反映できるのも注目。VOCALOID Editorの機能を拡張する付属のジョブプラグイン「Electronica-Tune」により、カンタンに特徴的なピッチ変化をつけることができる。

さらに特典として、SEKAI NO OWARIの人気曲「スターライトパレード」を題材にVOCALOIDの基本操作を学べる小冊子が付属。誰でも安心してSEKAI NO OWARIの世界観にあった楽曲表現を追求できるようになっている。

パッケージ/ダウンロード版ともに歌声ライブラリ単体に加え、スタインバーグのDAWソフトウェア「Cubase」に組み込んで使用することができる歌声編集ソフト「VOCALOID4 Editor for Cubase」をバンドルしたスターターパックをラインナップする。これから「VOCALOID」を始める初心者は、お得なスターターパックをチェックしよう。


▲製品パッケージにも登場するイメージキャラクター。キャラクターデザインは、昨年「pixiv」(ピクシブ)で開催された「VOCALOID4 Library Fukaseキャラクターデザインコンテスト」の大賞受賞者「mikuma」によるもの。「mikuma」は、多数の応募の中から見事に大賞を受賞、製品のオフィシャルイラストレーターとして選出された。

製品情報

<パッケージ版> ◆VOCALOID4 Library Fukase
価格:オープン
◆VOCALOID4 Starter Pack Fukase
価格:オープン
発売日:2016年1月下旬

<ダウンロード版>
◆VOCALOID4 Library Fukase
価格:14,000円(税別)
◆VOCALOID4 Starter Pack Fukase
価格: 22,000円(税別)
発売日:2016年1月28日