ももいろクローバーZや私立恵比寿中学などの妹分的存在でもある3B Juniorから飛び出した5人組のユニット「ロッカジャポニカ」。平均年齢14歳のフレッシュな才能が輝く、2016年注目のニューカマーだ。彼女たちが満を持して1月27日にシングル「ワールドピース」でメジャーデビューを果たす。BARKS初登場となる彼女たちに、デビュー曲のことやメンバーそれぞれのキャラクターを語ってもらった。

◆ロッカジャポニカ~画像&映像~

■小学四年生の時の作文では「私の将来の夢は7個あります」って書いていました
■オーディションに受かったら「はい、有名!」って感じなのかと思っていた


――まずは皆さんのキャラクターがわかるような話から聞かせてもらえますか?

高井千帆(以下、高井):私は鈍感でおばあちゃん並みに聞き間違いが多いんです。

内山あみ(以下、内山):なんでそんな風に聞こえるの?って思うようなのが多いよね。「今日頑張ろう!」って言ったら、「え? まぐろ?」とか笑。一文字も合ってない。

高井:芸達者なのは内藤さん。

平瀬美里(以下、平瀬):モノマネが上手だし、超面白い。すごくよくしゃべるし。


▲「ワールドピース」【初回限定盤】


▲「ワールドピース」【通常盤】


▲「ワールドピース」【お試し盤】

――今日はまだおとなしいんじゃない?

内藤るな(以下、内藤):まだスイッチが……。話し始めると長いです(笑)。

高井:一回ツボに入ると気づいたらずっと笑ってるよね。

平瀬:思い出し笑いして一人でまたツボったり。

内藤:そうやって一人で笑ってると、周りに「え?」みたいな目で見られちゃいますね。しかも、自分のやることにツボってずっと笑っていたりします(笑)。

高井:宇宙人だもんね(笑)。特技妄想、趣味迷走だもんね。

内藤:そう。自他共に認める。

高井:るったん(椎名るか)はツンデレ系だな。

平瀬:ツンとデレの差がホントに激しいんですよ。あと、赤ちゃん体質だよね。食べたら眠くなる!

高井:で、眠くなるとデレのスウィッチが入る。

内山:差し入れもすぐに開けて食べる。

平瀬:前にお土産にハンドクリームをあげたら、すぐに包みから出して使った時はビックリした。

椎名るか(以下、椎名):せっかくもらったのに、すぐに使わないと、宝の持ち腐れになっちゃうから。すぐに食べるのも、同じような理由。もったいないでしょ?

内山:あげた方はすごく嬉しい!

高井:みぃ(平瀬)は特技が多いのがうらやましい。クラシックバレエとかダンスとか。

内藤:うんうん。私は猫背だからお母さんに「猫背にしてるとバレエを習わせるよ」っていつも言われていたから、バレエができる人はすごいなって思う。

平瀬:でも、私、「バレエをやってるのに姿勢が悪い」ってよく言われちゃうんです。るったん(椎名)もやってたんだよね?

椎名:やっていました。


――皆さんがアイドルになろうと思ったきっかけは何?

高井:私はセーラームーンだと思います。セーラームーンはアイドルではないんだけど、実写版が大好きで、コスチュームも可愛くて、キメ台詞があって、それがアイドルっぽいなと思ったのか、「アイドルになりたい!」っ思ったんです。でも、優柔不断だから、小学四年生の時の作文では、「私の将来の夢は7個あります」って書いていました。保育園の先生とケーキ屋さん、アイドル、チアリーダー、ダンサー、モデル……あとなんだったっけ? でも、アイドルとかモデルになりたいと思うようになってから、テレビを見るたびに「いつかはあっち側に行きたい!」って思うようになりました。

平瀬:私はプリキュアがきっかけです。アニメをずっと見てて。友達に教えてもらってみはじめたら、「すごく面白い!」って。小さい頃は「プリキュアになりたいです」って言っていました。特別な人になりたいと思ったんですよね。

内山:私は小さい頃は「自分のお店を開きたい」ってずっと言っていました。今でも変わってないけど。アイドルになりたいと思ったのは、身近な人に、芸能関係のお仕事をしている人がいたから、そのステージを見に行く機会が多かったんですよ。それが影響しています。

内藤:るなは小さい頃から変わっていて。みんなは将来の夢はケーキ屋さんとかパン屋さんって書いていたけど、一人だけ飼育係って書いていました。アイドルになろうと思ったのは、ダンスをずっとやっていて、バックダンサーをやる機会があったんですけど、その時に、後ろで踊るんじゃなく、いつかは前で歌って踊りたいと思ったのがきっかけです。

高井:るったんは?

椎名:……記憶が薄いんだよねぇ。幼稚園の時の夢も覚えていないんですよ。

内藤:覚醒したんじゃない?

椎名:昔から歌は好きだったんですよ。たぶん、それがきっかけだと思います。とにかく歌が唄いたかったということを思い出しました。だから、今、夢がかなっています!

内藤:ダンスとか、レッスンとか、はじめてみてから夢が固まってきたという感じもあるよね。

高井:昔はオーディションに受かったら、テレビとか好きなだけ出られて「はい、有名!」って感じなのかと思っていたんです。でも、いざ入ってみたらレッスンの日々で、厳しい世界なんだなと思いました。

◆インタビュー(2)へ