VAMPSが2015年11月12日、ツアー<VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666>の初日をZEPP TOKYOにてスタートさせた。同ツアーはVAMPS恒例の“籠城型ライヴハウスツアー”を東京・大阪・名古屋で各6公演ずつ開催、各地に国内外からのゲストを組み込み、2マンによるジョイント形式で行なわれるというものだ。対バンとして登場するのは、東京公演にMY FIRST STORY、MONORAL、ASH DA HERO、HIM。大阪公演に再びASH DA HEROを迎えるほか、Derailers、KNOCK OUT MONKEY、Nothing More。名古屋公演にNothing’s Carved In Stone、ROTTENGRAFFTY、Apocalypticaといった全10組全18公演。世代やジャンル、国籍までも軽々と超越した顔ぶれが連日激戦を繰り広げている。その名古屋公演初日にして2016年一発目の対バン相手が、Nothing's Carved In Stoneだ。

◆VAMPS × Nothing’s Carved In Stone 画像

先ごろ公開したVAMPSインタビューでK.A.Zが、「新年を迎えた一発目が、今まで一緒にライヴをしたことのないバンドと音を出せるということが、やっぱり楽しみ」と語っていたように、Nothing's Carved In StoneとVAMPSは初対面。VAMPSスタッフの推薦にHYDEとK.A.Zが大きく頷いたことから、今回の対バンが実現した。ギタリストの生形真一(ELLEGARDEN)とベーシストの日向秀和(ストレイテナー/FULLARMOR etc.)を中心に結成されたNothing's Carved In Stoneは、ギターロックシーンを牽引し続けるアーティストたちが集結した4ピースだ。卓越したアンサンブルとパフォーマンスは圧巻。2008年の結成より毎年コンスタントな作品リリースとライヴ活動を継続している。

TVの画面越しにHYDEやK.A.Zの存在を知って胸をときめかせたという学生時代の話はもとより、大型フェス常連バンドならではの対バン攻略法、Ju-kenやARIMATSUとの意外な接点まで、本番直前の楽屋裏でメンバー4人が語ってくれたインタビューをお届けしたい。さらには、終演直後、興奮冷めやらぬメンバーに訊いたライヴの感想も併せて公開する(※日向のみ即移動だったため、終演後のコメントは3人)。

   ◆   ◆   ◆

■HYDEさんが、「長いバンド名だね」って(笑)
■「ここで一緒にジャンプしよう」とか、すごい優しいんです

──まず、VAMPS側から<VAMPS LIVE 2015-2016 JOINT 666>への対バン出演オファがあったときは、どう感じましたか?

生形:ちょうどツアー(ワンマンツアー<Nothing's Carved In Stone「MAZE×MAZE TOUR」>)で名古屋に来ていたときに、ここZEPP NAGOYA(2015年10月17日公演)の楽屋で、その話を聞いたんですよ。“え!? あのVAMPS?……いやVAMPSって他にもいるのかな?”って(笑)。

▲<Nothing's Carved In Stone「MAZE×MAZE TOUR」>

──それくらい意外だったわけですよね。寝耳に水みたいな。

生形:最初は本当にそうですね。でも、ありがたい話だから、すごくうれしくて。

村松:やらせてください!って即答ですよ(笑)。迷いはなかったですね。ずっとカッコいい音楽をやってきている先輩なので、僕らにとっても、ものすごくいい経験になるだろうなという。

日向:しかも、まったく土壌の違うお客さんだろうから、そこでライヴができるというのは幸せですよね。これは面白いなと。

──普通は畑が違ったら躊躇しそうなものですが、さすが百戦錬磨ですね。VAMPSの存在はもちろん知っていたとのことですが、HYDEさんやK.A.Zさんについて、ミュージシャンとしてはどのようにみていました?

村松:僕が中学ぐらいのときにL'Arc~en~Cielがドッカーンときていたんですよ。「winter fall」(1998年リリース)とかだったと思うんですけど、HYDEさんがTVに出ているのを見て、“この人、何? カッコいいなぁ”って。周りの友だちもみんな聴いてましたからね。K.A.ZさんもOBLIVION DUSTとかhide with Spread Beaverで観てましたし。L'Arc~en~Cielはコピーバンドもやりましたよ。「HEAVEN'S DRIVE」とか。難しいけど、超カッコいい。で、ミュージックビデオとか観て、“うわぁー! ギター弾きながら歌ってんだ”って。そういう感じでした(笑)。

日向:完全にTVの向こう側の人というイメージだよね。僕はね、すごく前の彼女がL'Arc~en~Cielの大ファンで、よく聴かされていました(笑)。『Mステ』とかにもガンガン出ていたでしょ。スターってこういうことなんだなって思っていましたからね。実際、自分もバンドをやるようになってからわかるんですけど、VAMPSは全国のZEPPで10DAYSずつのツアーとかやってたりしてるわけじゃないですか。“やっぱりすごい、違うな”って。そういう肌触りを感じていますね。

生形:世代的に僕も好きで聴いていたし。当時からどこにいても何をしていても流れてくる音楽なので、知っている曲も多いですよね。僕自身、アルバムを持っていましたし。それにK.A.ZさんのOBLIVION DUSTは、けっこう早くから打ち込みを使ってましたよね。そういうセンスもカッコいいなって。

大喜多:僕もお2人の存在は学生のときから知っていたんですけど。その後、20代前半で東京に出てきて、当時、SIAM SHADEのローディーをやっていたんです。そのローディーチームが、L'Arc~en~CielとかOBLIVION DUSTもサポートしていたから、直接スタッフとして関わったことはないんですけど、同じ現場に居合わせることは多かったので、ステージ袖から見ていましたね。

──ということは、憧れというよりも先輩として観ていた部分もあったんですね。

大喜多:ミュージシャンとしてしっかりとしたベースがあって活動しているのが、袖で見ていてもカッコいいなと思いましたね。フワフワしていないというか。自分はそういう姿を見て、自然と目指して進んできたのかなって思いますけど。

──本日はリハーサル前に挨拶もしたそうですけど、どんな会話を?

生形:HYDEさんが、「長いバンド名だね」って(笑)。

──くくくく(笑)。

村松:ははは(笑)。その前に、僕だけ先に「SEX BLOOD ROCK N' ROLL」のセッションリハを一緒にやったんですけど。まず、「おはようございます」って挨拶だけさせていただいて、すぐにリハで感触を確かめ合うみたいな感じで。でね、すごい優しいんですよ。「ここで一緒にジャンプしよう」とか、その場で教えてくれて。“やべぇ、もうカッコ良すぎる”と(笑)。

◆インタビュー(2)へ