星野源が、1月23日と24日に、自身初となるさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブを2日間にわたり開催した。

最新アルバム『YELLOW DANCER』を携え、1月9日、札幌・ニトリ文化ホールを皮切りにスタートした約2年ぶりとなる全国ツアー<星野源 LIVE TOUR 2016 『YELLOW VOYAGE』>。すでに各会場チケット一般発売と同時に即ソールドアウトが続いているが、このさいたま2DAYSもチケットは即完売。星野源の勢いを感じるものとなった。


ライブ開演。スタートをつげるナレーションが流れ始める。どこかで聞いたことのある声、実はナレーションを担当したのは声優の銀河万丈。ライブの途中途中にナレーションが流れ、ライブをナビゲーションした。

そんなナレーションに呼び込まれ、シックなスタイルで登場した星野源。その登場とともに会場2万人のファンのボルテージは最高潮に達する。そして、割れんばかりの歓声と拍手が起こる中、ライブがスタートした。

ホール公演とアリーナ公演が混在する形のツアーで、このさいたまスーパーアリーナ公演は同ツアー初のアリーナでの公演となっており、ストリングス、そして総勢16名に及ぶダンサーが参加、ライブに華を添える。

ライブの中心となっているのは、もちろんアルバム『YELLOW DANCER』収録曲。「地獄でなぜ悪い」「Crazy Crazy」「桜の森」さらに「夢の外へ」などのシングル楽曲でフロアを揺らし、年明けから「ユーキャン」CMソングとしてオンエアされている「時よ」や『めざましどようび』テーマソング「Week End」など、すでにおなじみとなったアルバム楽曲はダンサーが加わったアリーナ仕様で披露されるなど、会場は大いに盛り上がりをみせる。

2015年リリースの「SUN」では、星野自身が「2015年、一番歌った曲です!」とコメント、イントロのアナログシンセのノイズが始まると同時に大歓声が。この楽曲でもダンサーが登場し、YouTubeで1700万再生を超えるミュージックビデオさながらにダンサーとの絡みをみせるなど、会場全体が一つになったかのように盛り上がる瞬間も。

まさにアルバム『YELLOW DANCER』で星野源が作り上げた“YELLOW MUSIC”を中心としたエンターテイメントが集約されたライブとなった。


<星野源 LIVE TOUR 2016『YELLOW VOYAGE』>は、追加公演も含め、全11ヶ所13公演。合計で約10万人を動員する予定。ツアーは3月21日の追加公演・大阪城ホールまで続く。

photo by 五十嵐一晴


関連画像・リンク

◆BARKSライブレポート