エアロスミスのスティーヴン・タイラー(Vo)は先日、スラッシュにクラシック・メンバーでガンズ・アンド・ローゼズを再結成するよう勧めていたと明かしたが、彼は同様に、アクセル・ローズにも働きかけていたそうだ。スティーヴンも以前、ある人物から同じように忠告されたことがあったという。

◆ガンズ・アンド・ローゼズ画像

月曜日(1月25日)、SiriusXMラジオのハワード・スターンの番組に出演したスティーヴンは、こう話した。「(再結成に貢献したのは)俺だけじゃないのは確かだ。でも、俺は1年前、2年前、3年前にクラブでアクセルに会った。偶然会って、話をしたんだ。俺は、“君ら、すぐにでも再結成しなきゃならない。だって、俺らみんな、君たちがいなくて寂しい思いをしているからな”って言ったんだよ」

「俺とジョー(・ペリー)がケンカしているとき、ある人が俺に同じことを言った。“君ら、また一緒にやらないと。なんなんだ、君はクレイジーなのか?”ってね。ジョン・ボン・ジョヴィだよ。俺はリハビリ中だった。彼が電話してきて、“リハビリ施設なんかで何してるんだ? 世界は君を必要としている。みんながエアロスミスを求めている。そこを出なきゃ。世界中の人たちが君を必要としている”って言ってきたんだ」

スティーヴンは、アクセル・ローズに「スラッシュやダフに怒るのではなく、大局的に物事を見据えて欲しい」そうだ。多くの人たちに影響を与えてきた偉大なバンドのリード・シンガーであることを自覚し、ファンはオリジナル・バンドがプレイするのを見たがっていることを理解して欲しいという。

スティーヴンはじめ多くの人々が望んできたガンズ・アンド・ローゼズの再結成は、いよいよ4月に実現する。

Ako Suzuki