1月24日、LIPHLICHが東京・赤坂BLITZにて全国ツアーの初日公演<LIPHLICH単独公演ツアー ウロボロス-尾->を開催した。本ツアーは“破壊と創造”がテーマとして掲げられたもので、ニューアルバムのリリース前にも関わらず、新曲12曲すべてが惜しみなく披露された公演となった。

◆LIPHLICH ライブ画像

今回BARKSでは、本番を終えた直後のメンバーにインタビューを実施したので、ぜひライブレポートとあわせてお楽しみいただきたい。まずはライブレポートからお届けしよう。

  ◆  ◆  ◆

会場に流れる荘厳なBGMが大きくなると、一瞬のうちに暗転。スポットライトに照らされ、和服を纏った久我新悟(Vo)、新井崇之(G)、進藤渉(B)の姿がステージに浮かび上がり、久我が口を開いた。

「皆さんにライブをお届けする前にですね、お伝えしたいことがございます。今日1月24日から、LIPHLICHにドラマーとして小林孝聡が加入することになりました。ライブの終わりに言うかどうかっていうのも少し考えたんですけれども、やっぱり一番最初に、今日という日を4人のLIPHLICHとして皆さんに見て楽しんで帰っていただきたいので、最初に発表しようと思いました。今日から、僕らLIPHLICHはどこまでも飛んで行こうと思います。そして、この今日から始まる<ウロボロス-蛇であれ 尾を喰らえ->、この曲から始めさせていただきたいと思います。「夜間避行」。」

1曲目のスタートと共に、後方の真っ赤なスクリーンにタイムのカウントアップが始まった。会場を包むのは真っ赤な照明のみ。点滅もせず、別の色に変わることも無く、演奏のみが淡々と進んでいく異様な光景のみが存在していて、恐怖さえ覚える。会場にいた全員が固唾を飲んでステージを見つめていた。タイムが「04:44:44」を示したその瞬間、ブザーが鳴り響くと同時に曲が終わり、蛇の威嚇音が轟いて新曲「うねり」の演奏が始まった。久我は拡声器を持って歌い、続く「ウロボロス」では蛇を思わせるような右手の動きで、新たなLIPHLICHの世界へと会場を導いていく。

ジャジーで華やかなブラスサウンドの「露天商通りの道理」、攻撃的なサウンドと激しいストロボによる破壊力抜群の「RACE」、新井の艷やかなアコースティックギターソロに心を奪われる「一輪」と、次々と新曲を披露。それから「人生は旅のようなものだなという想いを込めて作った」という異国感と哀愁が溢れる「旅」、「GOSH!」ではフロント3人がステージの前面に出て煽り、コールアンドレスポンスで会場の熱をどんどん上げていった。



◆ライブレポート(2)へ