カリフォルニア州のアナハイムで開催となった世界最大規模の楽器ショー<The 2016 NAMM Show>にて、アメリカで活動しているツェッペリンのトリビュート・バンドLed ZepagainのMr.Jimmyが最新ギターの「F.C.G.R. RRS-BRAVERY」を引っさげLed Zeppelinの名曲を披露した。

◆Mr.Jimmy画像

Freedom Custom Guitar ResearchのRRS-Braveryは、フェンダーとギブソンのイイトコどりをしたようなギター、ピックアップはハムバッカーながら、ボリュームで可変コイルタップができるため、ハムからシングルへのなだらかなトーン変化を簡単にコントロールできる。ことジミー・ペイジのようなレスポールからテレキャス、ダンエレクトロまで多彩なトーンを使い分けるプレイスタイルには非常に使い勝手の良いギターとなる。インタビュー映像の中でも、Mr.Jimmyが使い分けの様子を実際にギターを弾いて見せてくれている。



Freedom C.G.R.は、すべてオーダーメイドで東京都内にある自社工場で製作される。