英国のロック・バンド、ボンベイ・バイシクル・クラブが、無期限の活動休止を発表した。解散するわけではないという。

◆ボンベイ・バイシクル・クラブ画像

彼らは1月29日、Facebookに以下のようなメッセージを掲載した。

「僕ら4人、いまバンドで何が起きているのか、みんなにも知ってもらいたいと思った。現時点で、僕らは新しい音楽を作っていないし、近いうちにそうする計画もない。解散するんじゃない。でも、10年やってきて――16歳のときからこれしか知らず――、僕ら全員、別のことに挑戦すべきときが来たと思ったんだ」

「こんなに長いことバンドを一緒にやってきて、僕らはいまでも信じられないほど仲が良く、多分、それはバンドを始めたとき以上だと思う。幸い、僕らからの新しい音楽をそう長く待つ必要はない。ジャックとエドは、それぞれのアルバムを制作中だ。違うものではあるけれど、どちらにも胸を躍らされる。ジェイミーは、プロテスト・ソングに関するRadio 1のドキュメンタリーを作り、大学へも戻った。そして、ミュージック・マネージメントの世界に飛び込もうとしている。スレンは、様々な人たちと――彼らはラッキーだ――ドラムをプレイしている。そして、どこかの時点でソロのジャズ・アルバムが期待できる。クラシックなグライム・トラックのビブラフォン・カヴァーとか、そのテーマの変化形になるんじゃないかな。 Love, Bombay xxx」

中学/高校の同級生だった4人が結成したボンベイ・バイシクル・クラブは、10代終わりのとき『I Had The Blues But I Shook Them Loose』(2009年)でデビュー。これまでに4枚のアルバムをリリースしており、最新作で4thアルバム『So Long, See You Tomorrow』は全英チャートの1位に輝いた。

Dear all, The four of us wanted to fill you in on what is happening with the band at the moment. Right now we aren’t...

Posted by Bombay Bicycle club on 2016年1月29日


Ako Suzuki