マキタスポーツが3ヶ月に一度のペースで開催している、“自分の一番やりたいことをやる”ライブ<LIVE@マキタスポーツ>。1月30日(土)に青山CAYで行われた同イベントは、俳優・映画監督ディーン・フジオカと、女優・タレントのYOUの2名のゲストが招かれるとあって、会場前には長蛇の列ができ異様な熱気に包まれたという。BARKSでは、オフィシャルから届いたレポートをお届けしたい。

◆ライブ画像

  ◆  ◆  ◆

今回のライヴは、青山CAYに場所を移したはじめての<LIVE@>シリーズであり、豪華ゲスト陣を携えながら、トーク&音楽で緻密に構成された、まさに稀代のエンターテイナー・マキタスポーツでなければなしえなかったステージであった。

開演直前、静寂を打ち破るかのように、上半身裸でまわしをつけたマキタスポーツの弟子である芸人セクシーJが登場。会場が爆笑に包まれる中、浅草演芸場と見まごうような、軽妙な前説を披露。拍手の練習を行い会場の空気をあたためた。



伴奏をつとめるジミー岩崎のピアノをバックに、ギターを手にしたマキタスポーツが登場し本編がスタート。冒頭はザ・ブルーハーツ「情熱の薔薇」を披露。スモーキーな歌声とギターで奏されるマキタ版「情熱の薔薇」は、実はマキタ自身も出演しているNHKの新春大型ドラマ『富士ファミリー』(1月2日O.A)のエンディング・テーマに起用された曲だ。縁はそれのみならず、前回の<LIVE@>時に、この曲の作曲・作詞を手がけた甲本ヒロトが来場し、マキタのパフォーマンスに力強いエールを送ってくれたエピソードを語り、ライヴ冒頭にこの曲をチョイスした理由を印象付けた。




スライドで写真を映し出しながら進行する、トークと歌の総合イベント<LIVE@マキタスポーツ>では貴重な秘蔵写真がたくさん観られるのも楽しみのひとつ。ドラマ『富士ファミリー』の出演者集合写真を見せながら、「子供のころ、ベットの上の天井にポスターを貼っていた」ほど少年時代から最も憧れの念を抱いていた女優の小泉今日子と、ドラマの撮影現場ではじめて邂逅を果たした喜びを、口角泡を飛ばして語るマキタのトークで会場はまた爆笑に包まれた。

2曲目はその小泉今日子による、1993年に発表した名曲「優しい雨」をマキタの歌声でカバー。切なく寂しい歌詞が、マキタの歌声とあいまって、キョン2バージョンとは異なる表情を浮かび上がらせた。

続いて、1月20日にデビューアルバム『矛と盾』をリリースしたマキタスポーツpresents Fly or Die(以下F.O.D)の紹介をしつつ、アルバムの中から「愛は猿さ」を演奏。ラテンのリズムを基調に、マシンガンのように矢つぎ早に繰り出される言葉遊びの数々に、オーディエンスのクラップも次第に熱が入る。

客席の盛り上がりも最高潮の中、満を持して、ゲストのDEAN FUJIOKAが登場。異様なまでの黄色い歓声がDEANに向けられる様子をみて、すねるマキタスポーツだったが、すぐに気を取り直しトークがスタート。DEANの半生とマキタスポーツの半生を比較しながら振り返り始めた。DEANは1980年生まれ、マキタは1970年生まれで、ちょうど10歳違いの二人だが、その人生の違いは歴然。海外でバックパッカーをしながらモデルにスカウトされたり、映画監督になったりと、華々しいエピソード満載のDEANの経歴と、「実はいいとも青年隊に応募して落選」「大学時代は引きこもり生活を送っていた」「地元山梨のモスバーガーの“副”店長をやっていた」など地味を極めたエピソードが連続するマキタの、その色合いのあまりの違いにまたもや客席は笑いが絶えない。





実はこの前日、TBSの人気番組「金スマ」ではDEEN FUJIOKA特集が放送され、そこでマキタスポーツも出演したということもあり、その「金スマ」の続編とも言えるようなトークがたっぷり30分ほど展開された。

「日本の芸能にとらわれず、DEANが世界に羽ばたくその瞬間がみたい」とマキタからDEANにエールを送ると、その後マキタは退出し、DEANはアップライトピアノに向かい、自身の曲「SWEET TALK」を奏し始めた。繊細なピアノタッチとともに、英語と日本語と北京語を織り交ぜた歌声に、客席の集中力は一気に増した。