9月に水戸芸術館ACM劇場で上演される音楽劇『夜のピクニック』に吉川友が主演することが発表された。

この公演は、水戸で高校時代を過ごした恩田陸の同名小説(新潮文庫刊)の初舞台化作品。一昼夜をかけて約70キロを歩く水戸第一高校の伝統行事「歩く会」をモデルに描かれた原作は、吉川英治文学新人賞と第2回本屋大賞を受賞。後に映画化された。

また演出には、映画監督としてだけでなく演劇やオペラの演出でも注目されている深作健太が決定している。さらに公演は、茨城に縁のあるアーティストを支援する「未来サポートプロジェクト」の第8弾として実施。ファンなら知っているとおり、吉川友も茨城県出身である。


吉川友コメント

出身地でもある茨城県の水戸第一高校が舞台の「夜のピクニック」。
小説や映画を観ていて大好きな作品の一つだったので、今回、舞台化のお話を頂いた時物凄くビックリしました。
やるとなったら実際に自分でもコースを歩いてみたいです! そしてその大変さや、ゴールした時の達成感を生で感じ、 それを舞台に生かしていければと思います。
演出は何度もご一緒させていただいている深作健太さん。
また、これからオーディションで決まる他の出演者さんと共にみんなで力をあわせて完走してみせます!
水戸芸術館も非常にキレイな会場で、今からとても楽しみです! 是非観に来てください!

音楽劇『夜のピクニック』公演概要

原作:恩田陸「夜のピクニック」(新潮文庫刊)
演出:深作健太/脚本:高橋知伽江/作曲・音楽監督:扇谷研人
公演期間:9月17日~25日予定/会場:水戸芸術館ACM劇場

関連画像・リンク

◆BARKS Kawaii