エルトン・ジョンのニュー・アルバム『ワンダフル・クレイジー・ナイト』が2月5日に発売となった。「アップテンポでハッピーで喜びに満ちた、エネルギー溢れるギターのレコードを作りたかった」と語る、33thアルバムだ。

◆エルトン・ジョン画像

1970年代の名作『黄昏のレンガ路』(「風の中の火のように」、「土曜の夜は僕の生きがい」収録)や『ホンキー・シャトー』(「ロケット・マン」収録)がそうだったように、旧知のバンド・メンバーと共にわずか17日間でレコーディングされた作品で、オーバーダブはほとんどなしというシンプルでプリミティブな作品になったようだ。


本作も、48年間にわたるソングライティングのパートナー、バーニー・トーピンとの共作で、前作『ザ・ダイヴィング・ボード』(2013年)、前々作のレオン・ラッセルとのコラボ・アルバム『ザ・ユニオン』(2010年)に続いて、エルトン・ジョンとT・ボーン・バーネットとによる共同プロデュース作となる。

<ぼくは前よりもっと太いひと筆で人生を彩っている 笑いも冗談も容易くやってくる そんな今思うのは 過去を振りかえる時間など無駄だということ>、<今は 見下ろすよりも上を見上げている>と歌うファースト・シングル「ルッキング・アップ」のほか、人生において非常にハッピーだという現在のエルトン・ジョンの心境が反映されたアルバムとなっている。

『ワンダフル・クレイジー・ナイト』


SHM-CD UICR-1122 / \2,600(税抜)
https://itunes.apple.com/jp/album/wonderful-crazy-night-deluxe/id1049642105?at=10l3PY