デヴィッド・ボウイの息子ダンカン・ジョーンズ(44歳)が、この夏、パパになる。彼はクリスマスの日、ボウイにこのニュースを伝えていたようだ。

ボウイが亡くなってからちょうどひと月となる2月10日(水曜日)、ダンカンはお腹の中で「待ってるよ」話す赤ちゃんのイラストをTwitterに投稿し、こうつぶやいた。「今日で父が亡くなってひと月だ。クリスマス、彼のためにこのカードを作った。6月誕生予定だ。命の輪。愛してる、グランパ」

ダンカンは2012年にフォトグラファーのRodene Ronquilloと結婚。赤ちゃんは、彼にとって第1子、ボウイにとって初孫となる。

ダンカンは、ボウイと最初の妻、メアリー・アンジェラ・バーネット(アンジー・ボウイ)との間に生まれた長男。ボウイは彼が誕生したとき、「Kooks」(1971年のアルバム『Hunky Dory』収録)を作った。

ダンカンが9歳のとき離婚してからは、ボウイが親権者となり、ダンカンは母親と30年以上会っていない。アンジーは最近、子供はボウイのために生んだので、離婚する際、親権を争うつもりはないとボウイに告げたと話している。

ボウイにはダンカンのほか、90年代初めに再婚したモデルのイマン・アブドゥルマジドとの間に誕生した長女(15歳)がいる。


Ako Suzuki